このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンクの心理効果と特徴について書いていきます。

女性に特に必要とされており、柔らかく包み込むような感覚をもつ優しい色です。

そのやさしい感覚をもつことから不安な感覚をはねのけることができる力を持つ色でもあります。

スポンサードリンク

愛情を強く表している色

ピンクは、恋ややさしさ、配慮、思いやりなどに合わせて、特に母親としての連想をさせる色です。

恋愛とか幸福に対しての連想とか幸福感を感じている時、
自分自身に合いを感じたい時などはピンク色を大切にする傾向があります。

ピンク色は赤に透明色が入ったことにより強力な力を持つ色であります。

マズローの5台欲求でもありますが、自分の欲求を満たさない事には相手に対する欲求についても満たすことが出来ません。
愛というものの本当の意味については、自分自身を信じて愛していく事です。

 

スポンサードリンク

女性は敏感に感じ取る

ピンクは女性としての本質的な部分に直接働きかける働きがあります。
元中日ドラゴンズの井上選手は男性ですがピンクのリストバンドをつけて試合に出場しておりました。

 

ピンク色が男性の中にも母性的な役目を働きかけていく役目があります。

ピンク色には新鮮味をもたらせたりだとか、柔らかさをもたらすところがありますので、心地よい形をもたらしていく事が出来るでしょう。

甘えるのに適した色

ピンクには赤ちゃんのように甘えやすいという意味も含まれています。
若い女性はピンクを好みますが、あまりにもピンクを使いすぎている人は他人に対して甘える傾向があると認識しておくとよいでしょう。

 

ピンクは桃に代表して甘味を感じさせる働きも持ちます。
食事制限をしているときにはついつい食べ物に手を出してしまう可能性が高くなりますので気を付けておくとよいでしょう。

 

ピンクが苦手な女性

ピンク色は女性性を最も表している一方で
ピンクを苦手としている女性もまた多くいる事は確かです。

 

あまりにも女の子らしくということを強制されたりだとか
女性らしさに抵抗を示すとき、ピンクを苦手とすることがでてきそうです。

濃いめのピンクはチークや口紅として使ったり
茶色と混ぜたアイラインはと男性からの注目が集まりやすくなります。

嫌いな色が好きな色に変化するという事は多々あります。
なので、今嫌いでも今後好きになったり気になる色となる可能性は十分にあります。

ピンクの服装

ピンク色は日本人と相性が良いです。(肌質から)
女性の可愛らしさや、魅力を伸ばしていく働きを持っています。
ピンク色単体だけでなく、シェイクして組合わせていく事によって色々な形に変わります。
相手との協調性を図りたいときは、薄いピンクのメイクがいいでしょう。

スポンサードリンク

 

この記事を書いた人

kagekichi3
kagekichi3
会話のネタになる占いの話を書いております。
占いは自分の悩みを解決するものと言う考えを主にするのではなく、一種のコミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
ゆるゆるとお楽しみいただけたら嬉しいです。