このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンショップアミュレについて書いていきます。このサイトは陰陽道をモチーフとしており、実際に陰陽師として活躍している高橋圭也先生監修のもと自分の診断をしながらパワーストーンの購入ができます。

スポンサードリンク

アミュレのスペック表

 

 

内容 詳細
サイト名 陰陽師の開運・御守りグッズamule(アミュレ)
電話番号 092-406-7084
受付時間 電話の受付時間は記載されていませんでした。購入と問い合わせは公式ホームページより行えます。
購入特典 担当佐藤様に確認しました。

ご購入時の特典のご用意はございません。
不定期での開催とはなりますが、
「霊符待受けプレゼント」キャンペーンなどを行っておりますので
機会がございましたらご参加いただけますと幸いでございます。
メルマガにてキャンペーン情報などのご案内をお送りしておりますので
よろしければご登録くださいませ。

どんな石があるか 「浄化用パワーストーン」はアメジスト・クォーツ・ローズクォーツ
・レモンクォーツ・ペリドット・アクアマリン・
インカローズ・ルチルクォーツ・ラピスラズリ・ガーネットが販売されています。
恋愛成就や金運上昇のブレスレットは上記の石を組み合わせて作られています。
得意な石 担当佐藤様に確認しました。

パワーストーンにつきましては、
それぞれが異なった意味合いを持っておりますので、
お客様のご状況に合わせてお選びいただければと存じます。

当店のブレスレットは、お客様の願いが叶うよう、
陰陽道家高橋圭也先生定期的に祈祷をお願いしており
全てのパワーストーンに心願成就・運気上昇の祈願が込められております。

ただ、ブレスレットは絶対的に効能を保証するものではなく、
効能の感じ方や感じられるまでの期間などにはかなりの個人差がございます。
パワーストーンはあくまで、持ち主の願いを助ける補助的な
御守りの道具としてご利用いただけますと幸いです。

平均予算 担当佐藤様に確認しました。

お値段につきましても、開運昇龍ブレスシリーズ5,000円(税抜)から
ご用意がございますのでご予算に合わせてお選びいただけますと幸いでございます。

お問い合わせメールアドレス info_ojd@comdoors.com
運営会社名 株式会社コムドアーズ
所在地 福岡県福岡市中央区大名2-4-22新日本ビル4F
その他  LINE@に登録するとキャンペーン情報が発信されます。

購入はこちらからも

数々の恋を叶えた陰陽師のパワーストーン

 

スポンサードリンク



アミュレの口コミと評判について

陰陽道家高橋圭也先生について

昭和34年、栃木県生まれ。十代のころより様々な修験道、神道などを含めて修行を開始。

映画「陰陽師」、大河ドラマ「利家とまつ」などを含め、数々の作品を手掛けている日本屈指の陰陽道家であります。

そのような高橋先生がブレスレットに対して祈祷を行っているサイトというのはアミュレのみになっております。

youtubeを確認したところ声出しのみですが確認できました。

 

 

アミュレの口コミについて

・10代 女性

普通のパワーストーンではなく、陰陽師の先生の念が込められているということで購入してみました。

買ってから1週間ほどしたら、ずっと片思いだった男性から告白されて付き合うことができました。
本当に幸せです。ありがとうございました。

・20代 女性

1年くらいずっと忘れられなかった元彼とよりが戻って、先月プロポーズされました。

こんなに効果があるとは思っていなかったので驚いています。
このブレスレットは一生の宝物にします。
本当にありがとうございました。

・10代 女性

気になっていた彼には付き合っている彼女がいたけど、片思いが辛くて四神ブレスレットを購入し、毎日祈ってバレンタインで思い切って告白しました。

ラブラブだと思っていた2人はちょっと前に分かれたようで、OKしてもらえました。
夢みたいで信じられません。

・30代 女性

良い出会いが無くて、もう4年も恋人がいません。

結婚もしたいし、子供もほしいので年齢的にも焦りがありました。
陰陽師のパワーストーンを試しに購入してみて、半信半疑で街コンに参加したところ、すぐに彼氏ができました。
一緒に買った友達も、その後結婚したりと、不思議な力を感じています。

 

アミュレの評判について

高橋先生の権威づけがあるからかもしれませんが、多くの良い評判がありました。

またTwitterもやっておりますのでチェックしてみるとよいでしょう。
かなりマニアックなつぶやきが流れています。

 

購入はコチラからも

数々の恋を叶えた陰陽師のパワーストーン

 

スポンサードリンク



 

高橋先生の著書はこちらからも

 

 

この記事を書いた人

kagekichi3
kagekichi3
会話のネタになる占いの話を書いております。
占いは自分の悩みを解決するものと言う考えを主にするのではなく、一種のコミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
ゆるゆるとお楽しみいただけたら嬉しいです。