このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストーンのクリスタルについて書いていきます。水晶は私たちの生活の中で最も一般的な鉱物であり、透明でないものを石英、無色透明のものを水晶と呼びます。(石英が大きくなって結晶化したものが水晶と判断することも)

スポンサードリンク

クリスタル(水晶)の意味

水晶は石英ですが、石英と言っても色々な鉱物があり、カルセドニー、アゲート、ジャスパーなど多くの意思がありますが上記に書いた通り無色透明な種類のものをクリスタル(水晶)と呼んでいます。

 

パワーストーンと呼ばれるものの中でも最も有名なもののひとつで、古くから世界各地で利用されてきたものです。日本の神社でも水晶を神体(霊が宿り神社などで礼拝の対象とする神聖な物体。)としているところも多く存在しています。

宝飾品だけでなく工業分野にも用いられており分野を問わず活躍している石です。

 

クリスタル(水晶)の浄化

煙 日光 月光  浴水 水晶 塩 音

クリスタル(水晶)の組成

SiO2

クリスタル(水晶)の値段

数百円~80万くらいまであります。

クリスタル(水晶)の誕生石

クリスタルの和名

水晶 すいしょう

スポンサードリンク

クリスタル(水晶)の色

透明 白 紫 様々なものがあり、色によって名前が異なります。

クリスタル(水晶)の硬度

7

クリスタル(水晶)の英語

Crystal

クリスタル(水晶)の石言葉

安心と浄化

クリスタル(水晶)の産地

ブラジル マダガスカル アメリカ他世界各地

クリスタル(水晶)の効果

自分自身が安心して生きていく事が出来る力。

本当のことを見分ける力を判別して強くフォローしてくれます。

感情の起伏だったり不安などをコントロールする力も持っているため心の安定にも繋がります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を書いた人

kagekichi3
kagekichi3
会話のネタになる占いの話を書いております。
占いは自分の悩みを解決するものと言う考えを主にするのではなく、一種のコミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
ゆるゆるとお楽しみいただけたら嬉しいです。
a