このエントリーをはてなブックマークに追加

動物占いで未来展望型と過去回想型という特徴がでてきます。それぞれどのような形で動いているのか確認してみます。

スポンサードリンク

未来展望型

・ペガサス
・狼
・こじか
・猿
・チータ
・黒豹

ペガサスは魂の状態→狼はあかちゃん→こじかは幼稚園児→さるは小学生→チータは中学生→黒ヒョウは高校生という形で魂レベルが若々しい人が未来展望型になっているようです。

未来展望型の人たちは、過去を捨てることにより自分の身を軽くします。

荷物を捨てることにより心の負荷を軽くして明るい未来を想像することができるようになるのです。

俗に言うところのプラス志向にあたります。

何かあったとしてもなんとかなるかな?とスタートします。

過去に固執せず前向きに人生を考えようとします。

旅行や出張も荷物は多くは必要なくその場にあるもので何とかしたりついてから揃えたりと臨機応変に対応できるのが強みです。

ほしい商品なども、商品の便利さを熱心に語られると響いてしまいます。

学生時代は、過去問より予想問題集を中心に進めていた方も多いかもしれません。
前向きということは長所でもありますが、慎重性に欠けるというデメリットも同時に持ちます。

ビジネスの世界では一歩止まって考える。

少し慎重に物事を進めてみるということも大切かもしません。

考えることと行動がほぼ同時ですのでスピード感はあり口だけで何もやらない。

といいう批判は少ないかもしれません。

スポンサードリンク

過去回想型

・ライオン
・虎
・たぬき
・コアラ
・ゾウ
・ひつじ
の人たちです。

過去回想型人たちは、過去を振り返ることが多く、悲観的に物事を見やすくなってしまうのでいわゆるマイナス指向タイプです。

近場だとしても心配して用意周到に準備します。
自分の経験や過去の実績を重んじるため、伝統、風習、習慣というものを重要視する傾向があるようです。

商品の説明を受けるときはこの機能がないとどうなるのか??

と商品がなかった場合の不便さを強くアピールすると購入しやすい傾向があるようです。

学生時代は過去問題集を中心に合格率がAランク80~90% でも、まだ不安が残ってしまうようなかたちで自分を見つめてしまっていたかもしれません。

ビジネスの世界ではプラス思考が好まれるので合わせるためにも場面場面でプラス思考になれるトレーニングをつんでおくとよいかもしれません。

 

参考記事はコチラからも

動物占いの月、地球、太陽の3分類について

動物占い目標志向型と状況対応型の違いについて

動物占いの右脳型と左脳型の違いについて

動物占いの10のリズムと性格について

動物占いのレールについて

スポンサードリンク