このエントリーをはてなブックマークに追加

動物占い6番目はライオンです。百獣の王というイメージがありますが、人間に例えるとどのような形になるのか書いていきます。

スポンサードリンク

ライオンの基本キャラ

・太陽グループ
・状況対応型
・過去回想型
・左脳型

各用語がわからない方はこちらからどうぞ。

動物占いの右脳型と左脳型の違いについて

動物占いの未来展望型と過去回想型の特徴について

動物占い目標志向型と状況対応型の違いについて

動物占いの月、地球、太陽の3分類について

威厳と高い意志を持って何事も100%を目指すのがライオンです。

徹底的なこだわりがありプライドが高く自分には甘いけど他人には厳しい面があります。

気分が良いと実力以上の力を発揮していきます。

王様らしく教えるのは上手で巧みにアメとムチを使用してきます。

また、大きな話をするのが大好きなのですが、数字を含んでいる細かい作業は非常に苦手なところがあります。

普段はびしっときめているところがありますが、家ではラフな格好が好きだったりと落差が激しいタイプになります。

意外ときまっているようでも、派手なものを好む傾向があります。

センスが良いかどうかと言われたたら疑問がつきますが、人格を磨くことによってそのギャップをうめることができるようになります。

自分を頼ってくる人には守ろうとする責任感がありますが、自分とつりあうか釣り合わないかというところまで見てしまうのがライオンの短所です。

マナーが悪い人や品のない人や自分のアイデンティティーを持っていない人。

頭が固くて感が鈍い人など、早い話センスがあまり感じられない人は好みの対象外となってしまいます。

自分の好みの相手を選ぶためにその人の雰囲気や立ち振る舞いもしっかりとチェックしています。

沢山の友人がいてその中から厳選して自分の恋人を選んでいきます。

さらにそんな恋人には普段の威厳はどこへやら、甘えん坊の人間になってしまいますがそれもそれで、ライオンの魅力になります。

メールよりも電話派で、親しくなると頻繁にかけてくる傾向があります。

他人には厳しいので電話のマナーがなっていないと怒られてしまうかもしれません

メールはあまり得意ではないので短文になる傾向があります。

スポンサードリンク

ライオンはさらに4分類に分かれます。

自分がどのキャラかわからない人はこちらから調べてみてください。

動物占いの60種類キャラの一覧の換算表について調べてみた話

※ホワイトエンジェルとブラックデビルとは
最も相性のよい存在がブラックデビル
最も相性がよくない存在がブラックデビルになります。

51我が道を行くライオン

ホワイトエンジェル

36.好感をもたれる狼

ブラックデビル

6.愛情あふれる虎

52 統率力のあるライオン

ホワイトエンジェル

47.人間味あふれるたぬき

ブラックデビル

17.強い意志を持ったこじか

57感情的なライオン

ホワイトエンジェル

42.足腰の強いチータ

ブラックデビル

12.人気者のゾウ

58 傷つきやすいライオン

ホワイトエンジェル

53.感情豊かな黒ヒョウ

ブラックデビル

23.無邪気なひつじ

恋人に最適なキャラ

1位:たぬき

2位:こじか

3位:ゾウ

ライオンが主導権を握れるので、たぬきは重宝されるでしょう。

計画性をもつと更によいカップルになれると思います。

結婚に最適なキャラ

1位:狼

2位:ひつじ

3位:チータ

完璧を目指したいけどだらけてしまうライオンを狼はうまくサポートしてくれます。

参考記事はこちらかも

動物占いの60分類の説明について

動物占い60キャラの相性表について

 

スポンサードリンク