このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットカード大アルカナ
1番目のカード魔術師 the magicianについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

魔術師の意味について

魔術師のカードは独特の考えやなにかに対しての楽しみや、新鮮な状況などを意味します。

全78枚のタロットの1枚目として扱われることも多々あります。物事の始まりと新しい状況、未来にたいする可能性としても意味するカードになります。

基本的にこのカードはよいカードです。
状況によっては過去の出来事に対して、やりなおすという意味になります。

新たな考えと今までの決別をし、
旅立つことを求められるでしょう。

正位置では、新たな出来事への積極的姿勢を示し、状況が見えてくることを意味します。

逆位置では、新たな出来事への消極的思考と姿勢、極端な思考からの失敗を意味します。

マジシャンというのは大々的な道具や手がかかったトリックで、私たちに数々の驚きや楽しむことを提供してくれるものになります

数字の1はスタートを表しています。
愚者が原点に向かう0番のカードですが、魔術師はそこを抜けた本当のスタートになります。

魔術師としての舞台は、誰かの指示ではじめたものではなく、自らの意志に沿って開始する必要がります。

しかしながら魔術師とは観てくれる客無しで演技はできません。

魔術師は自身の舞台にたいして自信を持って行動することによって、人々に対して喜びと楽しみにつながることを教えてくれます。

補則事項です。
マルセイユ版のタロットでは奇術師と表記されます。

ウエイト版の魔術師は手品をする人ではなく、ハリー・ポッターの世界を彷彿させるような魔法を操る人若者が登場します

スポンサードリンク

魔術師絵の解説

このタロットは、魔術師が堂々とした態度で、これから魔術を始めますと言っているようにみえます。

数字の1は何かの始まりを意味します。
男性の直線的な力を表します。

白のローブと赤のマントを着たRPGを彷彿させるような
魔術師が今からまさに演技を開演しようとしています。

右手に魔法の杖を持ち、左手で地面を指しているポーズになります。

これはあにのお釈迦さま生まれた後に申し上げた、天上天下唯我独尊のポーズと同じなのです。

舞台の幕が上がる際には堂々と大衆のまえでそのポーズをして登場しました。

あなたの頭には無限大の印が、腰のベルトのウロボロスと合わせて、様々なものを創造していくことができると証明しています。

テーブルの上に、棒、聖杯、剣、金貨がひとつずつあります。

舞台の開始と共に、数を増やして客を魅了するでしょう。

あなたは自らの特技を決して自分のためだけには使っていません。

自らの魔術師として面白い感情を提供します。

あなたは、テレビに映る英雄のようです。

しかしながら誰かと同じ手品をしていたのでは英雄にはなれないものです。

人のやくに立たないものにたいしては生産的にはなれません。
その様なものをいくら生み出しても英雄とは呼ばれません。

あなたは他の師匠や先輩の独創的なマジックでみなを魅了していくのです。

あなたの創り出すものはみんなを常に新しい刺激にさらし続けます

それが斬新な形のアイデアとなり多くの人が本当に必要な物となっていきます。

魔術師まとめ

・魔術師のタロットの背景:黄色をしています。タロットの正位置ではいい意味を表します。
・魔術師の間にあるバラと百合、赤い服と白い百合これは情熱の赤と純真無垢な白について示しています。
・魔術師の右手のトーチ は神との選ばれし者を示しています。

・魔術師の右手が上がっていて、左手は下を指しているポーズ
唯我独尊の意味。神のごとく俗界(この世)にあれというというメッセージを表しています。

魔術師は、眼の前にいる人だけではなく、無限の可能性を秘めた人々との関わりも可能ということを示しています。

・魔術師の頭にある∞マーク
宇宙の真理=ムゲンの広さを意味します。

・魔術師の着けている自分の尾を噛む蛇のベルト
宇宙の真理と無限の可能性

・テーブルの上にある、硬貨、聖杯、剣、棒

西洋の世界における、世界を構成している四つの元素、地、水、風、火を示します。

魔術師の正位置と逆位置の詳しい解説はこちらかも

スポンサードリンク