このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットカード大アルカナ
8番目のカード力strengthについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

力の意味について

力のカードは強さというよりは精神的な意志や情熱の強さを意味します。
目的に対する強い意志と、問題に対して高い忍耐力を表すカードです。

前向きに動くことができ、最後まで根気よく動くことができる良いカードですが、

場合によっては周囲が見えずに自分の世界に潜り込んで失敗してしまうということもあります。

熱くなりすぎて逆に大変になったりすることもあります。

正位置では、前向きで強い意志を持ちます。それで良い結果や状況を意味しているのです。

逆位置では、不安や不安定な状況から、自信の不足や決意や決定が難しいという意味があります。

ウエイト版の力は非常に優しい絵で書かれていますが。

中には勇ましい男性がライオンと勝負しているところや、

女性がライオンの口をあんぐりさせようとする姿などカードによって様々です。

日本語のタイトルについても力だけでなく、調教師、勇気、女力士、剛毅など様々なものであります。

もちろんそれによってカードの解釈も変えなければなりません。

力は対人関係についてのあり方というものを教えてくれます。

どななに強く見える相手だったとしても、相手を知り、相手の望みについて見ていくことがができれば理解ができると考えられます。

そこには戦略というわけではなく、自分の能力を純粋に出していくことが大切です。

それは恋愛でも同様でどんなに高望みしている相手だったとしても、相手の要望を満たしていけば、あなたは必要とされる存在になることができます。

マルセイユ版ではこのカードは11番目のカードになっています。(力と正義が入れ替わるかたち。)

力という名前ですが、美女が獅子の口に手をやり、獅子を手懐けております。

・黄色の背景→正位置のとき、吉兆を示します。

・女性と獅子→獅子は男性的、権力など表し、女性は忍耐や粘りを表します。男性にない力で女性は立ち向かっていくのです。

・女性の白いローブ→女性が純真な状態であることを表しています。

・無限のマーク→無限、生命などを表します。

・足を大地につけている→困難にも対応していることを表しています。

・そこまで高くない山→困難はそこまで厳しくはないですということを意味しています。

スポンサードリンク

力の絵の解説

 

広大な草原で無限大の冠をつけた女性がライオンをなでなでしています。

ライオンと女性。当たり前ですが、ライオンのがパワーとしては上です。

そんななか何故かライオンを優しくなでています。

そしてライオンはあなたに甘えているのです。

ライオンというのは百獣の王ですが、他の動物がいることで王になれるのであっていなければ王にはなれません。

この広い野原でライオンはたったひとりで過ごしてきたようです。

それは寂しかったでしょう。

そんな彼にはあなたという存在が必要であったのです。
実りも結果もなくただ生きてきた彼には、あなたという存在が必要だったのです。

そんな寂しかったライオンで敵意を持って接した瞬間牙を剥いて攻撃するでしょう。
でも、ライオンは彼女と仲良くなりたかったのです。

彼女にはそれが理解できたので、手を差し出してみました。
彼女は意図的にライオンを手なずけようとしたわけではないのです。

彼にとっては彼女が必要なのです。彼はあなたに甘えたかったのです。
なぜそれができたのかというと、自分自信の能力、優しさを信じていたからです。
それが頭上にある無限大の印となって自信の表れになることができるのです。

スポンサードリンク