このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットカード大アルカナ
11番目の正義(Justice)の意味について書いていきます。

スポンサードリンク

タロット正義(Justice)の意味について

正義のタロットは安定、均衡などを意味しています。

心理たけでなく、他の面でもバランスがとれている状態を表すカードです。

 

誰にも等しく接していく正義感に満ちた面が高く出てくるため、恋愛面では少し心が細くなりそう。

 

自からはガツガツと行かなくても、相手から受け入れてもらうことでふさわしい状況になります。
正位置では、問題が解決に向かい、落ち着いた環境が出てくることを意味します。

逆位置では、不安定な状態に落ち着いてしまいいけそうだった状況がしぼんでしまうことを意味します。

 

正義のカードは正義の女神テーミスを由来としています。

剣は権力を持っていることを意味し。

 

天秤は正義・平等などの意味を持ちます。

権力をむやみに使わずに公平に使用していくことを意味します。

 

今の正義の女神については裁かれる相手の見た目に関係なく、

平等に裁きをするために目隠しをしているというのが通常になっています。

 

なおウエイト版の正義では目隠ししてません。

彼女は常に世界をしっかりみているのです。

 

私たちに対して罪や悪意をもたらしてはいけないというメッセージでもあります。

 

長い人生で仮に間違いをしてしまったとしても、被害が少ないうちに事実を述べて、自らのこころに清らかさをもたせていくのです。

 

私たちは女神に見守ってもらっています。

善なる行為をしていれば、それを見てくれています。

 

納得いかないことや不条理な事に遭遇しても、自分がしっかりと正しいと思うことは述べて、認めてもらうプロセスも必要です。

 

正義は私たちの心にある良心でもあります。

私たちの良心は常に見られていると考えられます。

 

自分の起こしている行動に対して、何が正しくて何がいけないかということを正義は教えてくれます。

 

そんなとき女神は冷静に起こった事象に対してとりくんでいく様子が見て取れます。

 

左手に天秤を持っている→公平、公正を意味します。
右手に剣を持っている→真実について問いをしています。

 

女神が判断する正しいもの以外は切り捨てるという、厳しい判断を表現しています。
左右にある柱→バランスと中立を意味する。

 

女神は一歩足を踏み出していくことで、あなたは本当に正しいのですか?と私達に問うのです。

スポンサードリンク

正義の絵の解説について

正義の女神は右手に剣。

左手に天秤を持ちます。

 

ハッキリとした目で見開いています。

彼女はいつもあなたに向かって目を向けています。
そしてあなたのやっている行動に対して判断を行います。

悪い行いなら剣によってバッサリ切られてしまいます。

 

行いが善ければその剣で味方となってくれます。
彼女は判断するための天秤を持ちます。

 

彼女からの回答は有罪か無罪かという判断だけではありません。
重罪ならそれだけの重みを、軽罪なら軽くなってきます。

 

万が一、理不尽な状態になったときは、彼女が手助けしてくれるのです。
彼女が手に持つ剣は運命の輪のカードでスフィンクスが持っていたものと同様です。

 

悪い事を切りたおすという意味でも用いられます。

 

もし悪事をしてしまったとしたら、すぐにでも彼女の前に立ち、今までの行いにたいして離れて、新たな立場として歩んでいくことが出来るのです。
あなたが自分の行いが問題ないと感じているのであれば、きちんと主張していきましょう。

 

正義のカードはあなたの中にある良心をみられています。

彼女は二本の柱の間に座っています。
そして二本の柱には幕がかかっています。

奥にあるのは良心の世界を表しています。
彼女があなたの行いについて、正しい道と判断してくれたときに、その世界の中にいくことができます。

 

その場所にたどり着くためには、自分の良心に対する意識を忘れずに持っていくことが重要なのです。

スポンサードリンク