このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットカード大アルカナ
13番目の死神(Death)の意味について書いていきます。

スポンサードリンク

タロット死神(Death)の意味について

死神は何かのしらの終りや、解体といったことを意味します。

やっていることに対しての辞めてしまう事や、

根っこの部分からもう一度思考しなおすことをすすめているカードになります。

怖いカードかもしれませんが、行き詰まりの環境にたいして

新たな状況を迎えるために方向性を示してくれるのです。

状況が不利の時に無理矢理行き詰った状況を打破しようと動いても、

好転するというわけではありません。

思いきってゼロから切り直してみるというのも必要なときかもしれません。

正位置では、
今の状況に決着をつけて終わりにするということを意味します。

逆位置では、
物事に対しての決着付けた後の新規の状況や始まり、

今後の未来の可能性を意味しています。

過去は絶ち、

新しい素晴らしい未来へ向かって行きましょう。

ものごとには始まりがあれば必ず終わりもあります。

明けない夜はないし、

やまない雨もなりません。

終わりは寂しいことでなく、

新らしい始まりということでもあるのです。

今よりもっと良い人生を作るために、

今の生活を一度終わらせるのです。

しかし、このカードは死神です。

中途半端の終わりに対しては、

妥協してくれません。

しっかりとやることを終わらせない限り、

次回はやって来ないのです。

今までの行動にたいして、

何の反省もしないままに次に向かってスタートをしたとしても、

つまづくところはおんなじ所になるので、

結果的に同じ事の繰り返しとなってしまうのです。

過去の自分のどんな考えや、

行動を捨てていくのか、

どんなことを継続していくのか、

ということをトコトンに熟考する必要があります。

死神のカードは何もしないで、

新たな自分に生まれ変わることができたり、

自然に新しい物事が来たりするといったことを意味しているのではありません。

自らの劇的な変化、

例えば、引っ越ししたり、

転職したり、

人間関係を変えたりと

今までしていない変化を加えない限り、

新しいスタートというのは来ないのです。

ちなみにマルセイユ版タロットではタイトルなしになります(ⅩⅢの表記だけです)。

そして死神のカードが出てしまっても、

どうか怖がらないでください。

物事は考えようによって、

楽にも苦にもなります。

・亡骸→

古い考えや、権威などにしがみついた人を表しています。
・命乞いする人たち→

死神に向けて天国行きを判断してもらうように、依頼をしています。

・背景を流れる川→

この世とあの世を分けている川です。(仏教用語でいうところの三途の川)
・右の背景の太陽→

新らしくくるであろう世界を暗示しています。

 

スポンサードリンク

死神の絵の解説について

白馬に乗った死神が、四人に向かって執行しつつ右の方向へと進んでいます。

青い衣装を着ている人は、

王冠という物欲に執着して生きていたので、甦ることを許されませんでした。

 

黄色い衣装を着ている司祭は、

いつも祈りかかさずに捧げていたという実績があったので、

甦ることを許されました。
子供は純粋さを示す象徴ということですので、

悪いことをしたとしても甦ることが許されています。

司祭と子供はいまから船に乗って、

新たな世界と旅立とうとしています。
成人と司祭というのは、

人の中に誰でも存在している悪と善です。

もちろん、何が悪で何が善かは人によって違いますが。

このカードの場合、

今の自分にとって不要なものを一気に捨て去る覚悟と、

人にたいして尽くしていこうという気持ち。

そして、まっさらな気持ちを持たないと甦ることかできません。

遠くにある門の奥からは太陽がのぼってきています。
この門というのが、

次へ向かっていくステージのスタートラインとなっています。

その場所に着くためには、

まずは船に乗り、

今ある場面から立ち去っていくことが必要になります。
ところが、船はもう目の前まで来てしまいました。

 

緊急事態なだけに、

本当に必要な物だけを手にして、

足早に船に乗るひつようがあるのです。

死神を乗せている白馬はどこへ向かうのかというと、

未来への道を進んでいるのです。

この構図は聖杯ナイト(小アルカナのカップの騎手)にそっくりであります。

これは恋の始まりと終わりについて表しているようです。

始まるときは、白馬のような純粋さを持つのであれば、

終わる時も同様に純粋な気持ちになるのです。

自分の気持ちの整理がつかず、ドロドロとしている時というのは純粋な思いになれません。

いったん全てを捨て去って子供の頃のような真に素直な心に自らなが接することができた時、

終了していく事象について、

あなたは自然に受け止めることができるのです。

スポンサードリンク