このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットカップの4の恋愛と相手の気持ちについて書いていきます。
目の前にあるカップに手を出さないという状態に対しては喜ぶことができない感覚。

つまり感覚が鈍っているとも言い換えることができることができます。
自分が何を求めたいのかもよくわからない状態なので動けなく胡坐をかいて考え込んでしまっている様子がうかがえます。

参考:他のカードの4についてはこちらからも

タロットワンドの4の恋愛と相手の気持ちについて

タロットソードの4の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの4の恋愛と相手の気持について

カップの4(月)は7/13-7/22生まれを示します。

タロットと占星術との関係はこちらからも

スポンサードリンク

出会いは with(ウィズ) - 婚活・恋活アプリ無料
出会いは with(ウィズ) - 婚活・恋活アプリ無料
開発元:Viber Media SARL.
無料
posted with アプリーチ

カップの4 正位置の意味

相手が持っている思考と一致しない事による、不満や、周囲の状態になじめないことでの

ダウンしてしまう感覚を表します。
環境に対して対応する事ができずに、自分への憤りを感じてしまう。
ストレスがかかってしまう状態。

蚊帳の外にいる様な気分になってしまい落ち着きがとれない。

現状に満足する事が出来なかったりモヤモヤしてしまう。

カップの4 正位置の意味の例

楽しいと思ったことをしてもフラストレーションがたまり今の近況に対して不満が出る。

人間関係の滞りがあり環境に適応しにくく自分を見失う。

カップの4 正位置の対策例

 

変化について取り入れていく事。

新しい刺激をうけてみること。

人との付き合いを大切にしていく事。

カップの4 正位置の恋愛で出た場合

 

マンネリ化する恋。

恋愛を優先的に考えていない。

愛情を受け入れられない。

カップの4 正位置の対策で出た場合

慎重に考える。

変化に対して通常通りにしたほうがよい。

新しく始めることは良く良く思考してから始める。

カップの4 正位置の相手の気持ちで出た場合

 

悩んで止まってしまう。

変化がなさすぎて過ぎてつまらない。

いろいろ試しながら進んでいる。

今は受け止めることができない。

スポンサードリンク

カップの4 逆位置の意味

 

いろいろな状況や感情に対しての満足できることや充実した感情を表しています。、

前向きな姿勢で活動していけることを示します。

だんだんと状況が良くなってきて満足できるようになる。

目的とか成功に対してもう少々の努力値を得る必要がある。

相手に対する思考とか行動内容が理解できるので安心できる。

満足できる恋愛関係。

助けてくれる人が出てくる。

素晴らしい関係に対して満足する事が出来る。

カップの4 逆位置の意味の例

 

自分の願望に対して近づいていく事が見えてくるので、徐々に満たされていく。

満足行く成果がでてくることで、前向きな姿勢に変化していく。
良いと思えるような相手との恋愛について考えて共に行く事ができる。

カップの4 逆位置の対策例

 

人脈をうまく使っていく事。

心を開いて対応していく事。

幸せだと思う気持ちを大切にすること。

カップの4 逆位置の恋愛で出た場合
悩んでいることが解決していき、良い方向性に向かって行く。

新たな出会いや恋。

付き合う人や、付き合うと思う人が一新する。
カップの4 逆位置の対策で出た場合

新しく物事を取り入れてみる。

悩みんでいることを捨ててみる。

素直に受け入れてみる。

カップの4 逆位置の相手の気持ちで出た場合

新たな関係性について作っていこうと思っている。

相手に対する気持ちを取り入れていこうと思っている。

倦怠期が過ぎていく。

スポンサードリンク


他のカップのカードについてはこちらからも

タロットカップのA(エース)の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの2の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの3の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの5の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの6の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの7の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの8の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの9の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの10の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの王子(ペイジ)の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップのカップの騎士(ナイト) の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの女王(クイーン)の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの王(キング)の恋愛と相手の気持ちについて