このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットペンタクルの3の恋愛と相手の気持について書いていきます。

僧侶と芸術家と建築家の三人が話し合って協会の再建活動について話し合っているようです。

信仰と知恵と修練という3つの三位一体が一つの物事を生み出すことを示しているカードとなります。

参考:他のカードの3についてはこちらからも

タロットワンドの3の恋愛と相手の気持ちについて

タロットカップの3の恋愛と相手の気持ちについて

タロットソードの3の恋愛と相手の気持について

ペンタクルの3(火星)は1/1-1/10生まれを示します。

タロットと占星術との関係はこちらからも

スポンサードリンク

 

​ペンタクルの3 正位置の意味

自分が持っている技能や才能が認知されていくことで、未来への扉が開かれていくこととか、現実の機会を得ていくことができることを表しています。

専門分野での成功について達成していく事ができる。

得意なジャンルについてドンドンと芽を伸ばしていくことが出来る。

より一層と世間的な実力を発揮していくことが出来る。

他者からの評価や好得を感じることができる。

自分が持っている個の実力を実際の世の中に提供していく。

ペンタクルの3 正位置の意味の例

自分の長所が認められることで、未来への形が出来てくる。

自分のスキルを世に出していくときが到来する。

自分の良いところについて明確によいといってくれる人が現れる。

ペンタクルの3 正位置の対策例

自分にしかない魅力を出すこと。

褒めて立てていくこと。

才能について褒めて評価をすること。

ペンタクルの3 正位置の恋愛で出た場合

話しを進めていった結果として順調に進んでいく。

仕事と恋愛を両方頑張れる。

素敵な方向に向かっていく恋愛。

ペンタクルの3 正位置の対策で出た場合

更なる高みに向かって目指すと良い。

話しあって解決していく。

継続や努力の重要性。

仕事についてしっかりやっていく。

ペンタクルの3 正位置の相手の気持で出た場合

良き関係を作るために努力していきたい。

話しを共にしたい。

一緒に仕事をしていきたい気持ち。

向上していきたい気持ち。

スポンサードリンク

 

ペンタクルの3 逆位置の意味

 

自分が持つ技能が未熟で太刀打ちできないことや、自分だけの満足で終わってしまう。
自分がやっていることがまだまだ足りてないと感じることで、消極的になる。

これからやっていくことについて、圧力を感じていくようになる。

自分の個性ではなく、人の二番煎じをしてしまう。

自分が持っている特徴が見えにくく、むなしさがある。

自分が持っている魅力について、理解がもらえない。

 

ペンタクルの3 逆位置の意味の例

自分の行動について、未来へのうやむや感がある。

未熟であったことが理解でき、これからどのように能力を伸ばしていこうか重圧がある。

自分が持っている長所について認識してもらえずに、前に進んでいくことが出来ない。

ペンタクルの3 逆位置の対策例

自分自身を見つめ直していくこと。

既に出来ることをさらに磨くこと。

褒めて育てていく。

ペンタクルの3 逆位置の恋愛で出た場合

本当に付き合っているのか分からない。

中途半端な関係。

熱が下がり他事優先の恋愛。

話ことが少ない関係。

つまらないと感じてしまう関係。

ペンタクルの3 逆位置の対策で出た場合

今やっていることは本気でのめり込まない方が良い。

結果が出なくても大丈夫。

ペンタクルの3 逆位置の相手の気持ちで出た場合

相手を本気で考えてない。

努力していこうという感覚がない。

つまらないと思う気持ち。

力不足な感覚を持つ。

適当なことしか考えていない。

スポンサードリンク

他のペンタクルのカードについてはこちらからも

タロット​ペンタクルのA(エース) の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの2の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの4の恋愛と相手の気持について

タロットペンタクルの5の恋愛と相手の気持について

タロットペンタクルの6の恋愛と相手の気持について

タロットペンタクルの7の恋愛と相手の気持について

タロットペンタクルの8の恋愛と相手の気持について

タロットペンタクル9の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの10の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの王子(ペイジ)の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの騎士(ナイト)の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの女王(クイーン)の恋愛と相手の気持ちについて

タロットペンタクルの王(キング)の恋愛と相手の気持ちについて

この記事を書いた人

kagekichi3
kagekichi3
会話のネタになる占いの話を書いております。
占いは自分の悩みを解決するものと言う考えを主にするのではなく、一種のコミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
ゆるゆるとお楽しみいただけたら嬉しいです。