このエントリーをはてなブックマークに追加

ソウルナンバーとは生年月日から、自分の持っている本質的な性格や相性を占うというものになります。
生年月日を知ればよいだけですので気軽にできて場所も時間も選びません。また、占うのは人以外でも、ペットや携帯番号、さらには車のナンバーソウルナンバーも調べることができます。

自分の持っている本当の性質とか天職だとかどのような生き方をしたらよいのかを見ていく事が出来ます。

スポンサードリンク

ソウルナンバーの計算方法

 

例1:

 

1987年12月8日生まれの場合

 

1+9+8+7+1+2+8

=10+15+11

=36

 

=3+6

=9

 

1+1

=2

 

ソウルナンバーは2となります。

 

例1:

 

2000年3月7日生まれの場合

 

2+0+0+0+3+7

=12

 

1+2

=3

 

ソウルナンバーは3となります。

 

 

 

10月生まれ、11月生まれ、12月生まれはそれぞれ

1+0=1       1+1=2       1+2=3

 

ソウルナンバーは1~9の9個あります。

スポンサードリンク

マスターナンバーとは

ソウルナンバーは1~9まででしたが、いろいろな計算をしているうちに

合計が「11」「22」「33」「44」など、ゾロ目になる場合が出てくると思います。

その場合はそれ以上足さずこれで終了とします。

この数字はマスターナンバーと呼ばれます。

このマスターナンバーはかなり特殊な潜在能力を示していると言われています。

マスターナンバーが持っている特殊才能は、世界が持っている土台になるものとか、どのような原理原則でできているのかとか、見た感じではよくわからないけれど、法則的に動いている原理原則的なことに対して考えて行動できたとき、この数字を持つ人は力を発揮できると言えます。

そして、じっくりと継続的に行動を続けていったときにこの力が大きく発揮されるのです。

とはいうものの、どんなに実力がある人でも人は一人で実行と結果をだしていくのはなかなか難しいものがあります。

世の中を変革するということであれば多くの人の協力が必要になってきます。

スポンサードリンク

ソウルメイトとは

 

ソウルナンバーが同じ人同士というのはソウルメイトといいます。

 

恋愛のほか職場とか離れているところでも

自分を助けてくれるパートナーとなります。

 

 

数値が違う場合は相性表がありますのでそちらで確認。

 

相性表を見る時は近くの数字ほど気が合う人が多くて遠いほど、

色々と話し合いをすることによって通じ合う事が出来る相性といえるでしょう。