このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は夢で人間関係を教えてくれる犬は猫に並んで人間のそばにいる最も関係の近い動物の一つです。

家で飼っている人も多く、幼い子供から大人まで散歩している姿を見かけたりします。また、色々なテレビドラマとか漫画にも出てくるのが犬という存在です。そこまで人間社会に対してよりそった動物ともいえるでしょう。

よく言われているのは犬は名犬ラッシーとか家なき子とかで出てくるように飼い主に対しての忠誠心が非常に高いというところです。
犬は非常に賢く、人間社会に適応できるくらいの存在だと言えます。そんな犬についての夢について書いていきます。

スポンサードリンク

それを踏まえて夢で犬が出てくるというのは、周囲の人間関係について表しています。

犬を飼う夢

犬は愛情という面を表しています。

そのため犬を飼うということはお互いに理解しあえるような恋人がほしいという意味を示しています。

または、親密に付き合うことができる人を求めているということを示しています。

 

犬と上手に遊んでいる夢

場合は人間関係について上手に行くであろうという暗示になります。

 

良い関係が築かれていることでそこまでのストレスについては思っていないようです。

犬と散歩している夢

手綱を引っ張られ過ぎず、かといってだらだらし過ぎなければ歩調が合っていることを示します。

自分が引っ張られている場合には、自らが周囲に対して足を引っ張って閉まっている感覚をもっていると感じています。

 

逆に犬を引っ張ろうとしているときは、少々自己中心的な言動になりつつある可能性も。

犬が地面を掘っている場合は花坂爺さんを思わせますが、良い事が出てくる暗示になります。

誰か助けてくれる人が出てきたりだとか、臨時的に収入が増えてくることも出てくるでしょう。

 

逆に犬に噛まれる夢

信頼を持っていた人に対して裏切りを受けてしまう事を示します。

飼い犬に対して手をかまれてしまう。ということになります。身の回りに対して、どのような人がいま付き合っているのかを今一度見直してみる事も大切になるでしょう。

スポンサードリンク

犬がなつく夢

犬が出てきたときは近くにいる家族や友人などを表します。

なつかれるということで良好な関係を築いていけているということを示しています。

犬がたくさん出てくる夢

夢占いで犬は愛情という意味があります。

犬がたくさんいるということは多くの人たちからの好意を持たれています。

ただ、八方美人的な感覚については避けていったほうがよいときでもあります。

犬を助ける夢

助ける夢は誰かを助けるということを示します。

犬が友達とか近親者を示しますので、身近な人を助けていくことを示しています。

一緒にいる犬の色について

白の犬の夢

よい運がくることを示します。

黒い犬の夢

白い犬の夢とは逆に何かしらの課題とか障害が出てくることを暗示します。

茶色の犬の夢

茶色は温かさなどの意味を持っており好意を持っていることを示します。

犬は人間にとって身近な存在だからこそ、夢の中でも人々に対して色々なことを教えてくれているのです。

スポンサードリンク