このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の人が運気が下降してしまうときについて書いていきます。

まずは自由や自分という存在をそがれる様な状態。

家庭内、学校内、部活、サークル、職場の環境により、自分が思った通りに動けないという事が判明していくと射手座の運は下がる傾向にあります。

そのほかには他人からの強力な束縛を感じる時や、無駄だと思える規則や校則などに縛られすぎると息が詰まって脱出したくなってしまいます。

スポンサードリンク

自由について奪われた射手座という存在は大空をはばたけなくなった不死鳥のようなもの。

いままでできたことについても、悲しくなり止まっていってしまう可能性が高いです。

そのよな環境になった場合に射手座が持つ運が停滞してしまいます。

心が一度よれると、復帰してもう一度やろうという気力自体がなくなってしまいます。

射手座の人にとっては自由というのはわがままな願望でもなく、自分という存在が生きていくために必要になってくるものという事になります。

自分らしさを見失う

周囲の人たちの意見に振り回されたり、同調圧力を感じてもやっていく必要がある状況で、
自分という存在を見失うと射手座の運が下がっていってしまいます。

精神力について保つ事が出来れば、また再復活をしようと意気込みを入れる事が出来ますが、
自分の本当の中身まで捨ててしまったうえで、周囲の人と同じようなことをしようとした場合に、射手座が持っているかがやきは失ってサビサビになってしまいます。

自由が無いということは心身ともに傷を負ってしまい。

自分自身をもあきらめてしまうリスクも出てきます。

そうならない前にも、やりたいことをやりまくるということが非常に大切になるのが射手座の運勢なのです。

自分という存在の中身を無視するという事については、人生を再度挑戦するリスクにと比べるとあまりに巨大すぎるといえます。

スポンサードリンク

やりたいことをやれない環境や噂話ばかりの環境

組織人としては出来る人もいますが、

基本的にフリーで動ける環境が好きなのが射手座です。

組織の中でもある程度自由がきく環境だったりだとか、

周囲の理解を得る事ができるような人間関係ができたときに射手座の能力は発揮されますが、

好きでもない事を延々とすることはできませんし、

ストレスでダウンということも考えられますので、職選びには慎重にやっていく事が出来るとよいでしょう。

また、愚痴や不平不満などが充満するような場所についても射手座の人はダウンしてしまう可能性があります。

人のいかりとかが自分の感情に移りやすいのでそのようなところにはなるべく避けていくようにしましょう。

スポンサードリンク