このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座がしない方がよいことについて記述していきます。

まずは、自分が持っている内側に閉じこもってしまうことが挙げられます。

射手座は内にこもるのも外に行ってしまうのも得意ですが、配慮するべきことは、内への引きこもりではなく外から家に帰ってこない事になりそうです。

そんな中でも、繊細すぎる感覚を持っているため社会的な適合性をうまくすることが出来ずに、自らの思想のなかにこもってしまうような人もまた存在しているということがあげられます。

スポンサードリンク

心のなかにあるトラウマだったりだとか、自分という存在感を実感できないことから、
真に心の中をしっかりと開く事ができなくなり、自分の心の中に入り込んでしまうという事があげられます。

自由が得られないのであれば、一層の事なにもしなくてよいと鎖につながれたゾウのような思考をもってしまうと、本来持っている自分という存在を輝かせていく事が難しくなってしまいます。

悲しいと思わせる気持ちについては、自分の内面を切ってしまうことになり得ます。

一時の問題ということであればよいのですが、長期間のないようになりますと回復までに時間がかかってきてしまいそうです。

ルールや規則を守らないこと

自由なひとという言葉について適任な射手座は危険な事に対してあえて向かって行くような勇敢さと行動力を持っています。

射手座の人が持っている感覚というのはいつでも壁は乗り越えられると思っているようです。

誰かが決めたルールは人間という存在がきめたものだからその壁を突破していこうと挑戦したくなってくるのでしょう。

射手座はやってはいけないと言えるようなことほど、やりたくなってしまうところがあります。
特に自制心というものが必要となってきます。

たいていの射手座は社会性を保ちながら生きていますが、強い圧力などがかかってしまうと逸脱したい気持ちが増幅されていきそうです。

人間社会にて生活するという事は、何かしら決まりだとかやっていく必要がある事に直面するという事を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

物質的な面を否定すること

思想とか哲学というものを追及していくと、物質というよりは精神とか、芸術に繋がっていく事がおおくなります。

射手座は多角的な角度から物事を判断していくため、これらの事に対して、興味関心を持つことが多く、ほかには歴史とか風情を感じさせていくものにたいして意識が向かって行きやすい感覚を持ちます。

どちらにせよ、物質に対して否定的な考えを持つところがあり、
所有欲や執着心が良くも悪くも少ないです。

豊かさを追及する事についてはよいことということは意味は理解できますが、
物欲だらけという環境は難しいと感じてしまうようです。

なので、時と場合によってはバランスが崩れてしまう可能性があるため注意が必要となってきます。

生きるためにも物心ともに安定性をもつというのが、学びになっていくでしょう。

スポンサードリンク