このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の長所と強みについて書いていきます。

射手座の長所として、深く悩まないでとっとと行動できるという所があげられます。

何か物事をを開始しようと思って考えても、
いざとなった時に恐怖から動く事ができないということはよくあります。

スポンサードリンク

その挑戦となることが初めての経験であればなおさら、一歩目というものがどうすればよいのかがカギになってきます。

射手座が持っている強みとして、結果に対して恐れることなくトントンと行動していく事が可能になるという事があげられます。

やる前に諦めるということは無く、まずはよくわからないながらもやってみて、
その先にある事についてはやりながら調整していこうという戦法を立てます。

人間何かを始める時に一番エネルギーを使うのは、何もないところから1を作り出すことです。

それには本当に大量のエネルギーを使うことになりますが、
射手座という存在はそこを簡単に乗り越えていく事が可能になります。

これは楽観性に併せて、自分の能力を本当に信じないとできないことです。射手座は本当に何度もダメだと思う事が発生したとしても心の奥底で自分自身が復活できると思う内面の強さを控えているのかもしれません。

やわらかい思考を持って回避する。

チャレンジの回数と失敗の回数は比例します。

多くの人は挑戦する前に諦めてしまうことも多い中、射手座はひょいと行動に移せます。

射手座自身さくっとやってしまうので、見ている人はすごいと思えるでしょう。

他の人が出来ない中で射手座が出来るというのはほかならぬやわらかい頭と行動性にあるでしょう。

何かに挑戦した上で挫折したとしても、そこから学ぶべきものがあったとしたらそれは厳密にいうと失敗という事にはならないです。

どのような意味不明な出来事が発生したとしても、かりに立ち直れないようなことがあっても、立ち直ってくるのが射手座です。

第三者的にみると、いざこざへの対応が大変そうですが、そんななかでも射手座はどうにかしてみるという思考を持って、その場のピンチをしのいでいく事が出来るようになるのです。

スポンサードリンク

世間の目を気にしない

この世の中で生きぬいていくためには規則や常識についてきっちりしていくひとも必要な反面。
これから新しい常識を作り出そうとしている人もまた多くいます。

エジソンが電球を作った時も、コロンブスが新大陸を発見した時も、

エジソンは小学校中退、コロンブスは自国を飛び出していった結果として、
教科書に載るような偉大な発見をすることができたのです。

射手座はこのように新しいものを発見していく人になります。

常識という概念に縛られていない射手座は、他の人から見ると理解不能な点も多く見受けられます。ただ本人のその無頓着さが10年後の常識となる可能性をもたらしていける可能性を上げています。

射手座のように新しい事にチャレンジしていく事が出来る人でしょう。

世の大半の人はそのやりたいようにやっていく様にとまどいをもつかもしれませんが、
いざとなったときのサバイバル能力は射手座には勝てないかもしれません。

スポンサードリンク