このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の精神性と内面の強さについて書いていきます。

第一に情熱の中身を形にするということがあげられます。

追求するものに対してその場所にむけてまっしぐらに突き進んでいく射手座は、奥底に熱いものをもっています。

射手座は情熱についてただ感じているというわけではなく、自らにとりくむことにより固い意志にしていくことができるのです。

望んだものに対していくつもの可能性をせ選択しているうちに、自分が本当はどんなことにたいして興味があったりだとか、どのようなかたちで進んでいきたいかを理解していくでしょう。

心の中で熱いものをキッチリともちつつも、自らの心について固めて信念としていくのです。

射手座の人が目標に対して継続をしていくことができるのは忍耐というものではなく、情熱というベースを信念としたものになります。

なにかに耐えるということについて難がある射手座は、自分が意識していないところで不足している能力を違う形で力にしてきているといえます。

独自性やパイオニア精神を楽しむ

自らいることが出来る場所がないことだとか、社会的に受け入れることが中々できないという現象は大変なことかもしれません。

ですが射手座の人は深刻に受け止めることはあまりないでしょう。

そしてそこからの経験をもとにして積極性を持って自分らしさというものを探していこうとしていきます。

社会的にとけこめないことを嘆いていくのではなく、自然と受け止めていったりだとか、柔らかい頭を持つことによって生じる強さというものがあります。

今いるところでは認められることはない。それじゃあ別のところで探してみようと。

自分ではパイオニアだと思ってもどこか、変人な感覚が出てしまっている悲しみについて別の方向に変えていこうとすることも大切になります。

若いころについては、自分の場所を見つけることができなくて、やきもきするかもしれませんが。

世界という存在が自らの共有範囲だと感じれたときに、射手座としての本当の実力となって発揮されていくでしょう。

恐怖について乗り越えていく力

恐怖というものはつねにでてくる感情の一つです。

ですが、射手座は恐怖の感情よりもワクワク感が、接近させていくのです。

射手座はいい意味でも悪い意味でも、自らもっていることへの位置を踏み越えていくことができます。

これから先の道に進んでしまったら、どんな感覚になってしまうのだろうか?

感じておっくうになることは少なく、一歩目の道に向けて踏み出していくことが可能になっていけるのです。

ほかのひとなら少々無理な内容にも感じてしまいます。

しかし射手座の人は未知だと感じられる思いについて対応していけるとで、通常の体験に加えて

得ていくことが不可能なような素晴らしい喜びについて見つけていくことが可能になっていくのかもしれません。

スポンサードリンク