このエントリーをはてなブックマークに追加

いて座の弱いところについて書いていきます。その一つに我慢することが苦手ということがあげられます。

完全な自由と言うことが好きな射手座からすると、
なんらかを我慢してきたりだとか耐えて忍んでいくといくということが難しいと感じることがあります。

我慢ということは外側への力を水からの意志力で抑えることですが、射手座が持っている力ということは明らかに外側への思考ということになります。

スポンサードリンク

自分にあっていないことをするということについては、大変だと思うこともありますが、
組織の中や、対人関係の中ではそれらをしていかないと成り立たないことの方が多いです。

射手座の人は、耐えるときと、ストレスを出すときの区別があまり得意としておりません。

人間としての成功や器の大きさというものを意識しているのであれば、
自由にやっていくということだけではなく、養っていくということについても大切になってくるでしょう。

責任感の欠如があることも

射手座のひとは身軽さを追求します。
それはよいこともありますが、自分にとって都合の悪いことについて背負うということを嫌います。

当然ですが責任感について全くないということはありません。

精神や物理的な感覚で縛りを感じるのが非常に苦手なのです。

どんなことに対しても情熱的な感情をもっている射手座の人は、
矛盾しているようですが、責任の強さから回避しているということも見受けられます。

短期間の問題ということであればそれですみますが、
長期間と言う状態であると自分のやっていることに対してとちゅうやりで逃げ出したくなってしまうということもあります。

これまでの好調が続いていたと思ったら突如できなくなってしまったりだとかムラが激しくなってしまうということもあげられます。

頑張るときは頑張りますが、燃え尽き内容にペース配分をしっかりとして
最低限度の続ける力ということは持っておいた方がよいです。

スポンサードリンク

目標が定まらないとぬけがらのように

射手座の人がよりよく行動していくことができるのは自らの目標がしっかりと定まっているからです。

日々のルーティンを頑張れるのも、仕事をそれなりにこなしていくことができるのも
未来に向かって自分が持っている楽しいと思えることが待ち構えているからに他なりません。

人からすると将来への充電をしっかりしているようにも見受けられるようです。

どちらにしても、目的があるからそこに向かっていく気力がありますが、
もしも色々と目標を阻害されてしまうような環境にいることになりますと全然面白みが沸いてこないでしょう。

目標について見つけられないということについては辛いことも多くなりますが、
日常性活について喜びを見出していくということについても再び必要となり得ます。

目標がないということであったとしても、どっしりと構えた上での再挑戦についてはまた奮起して上に上がっていくことができるでしょう。。

忍耐力を経験したことのある射手座はより厚みがあり人として魅力を持っていきていくことが出きるでしょう。

スポンサードリンク