このエントリーをはてなブックマークに追加

部下・後輩が射手座だったらどのようになるのか書いていきます。

第一に規則についてあまり気にしないといことがあげられます。

社会という中には規則がたくさんありますが、
そのような様々な内容に対して守るということにいて座は疑問を感じてしまいます。

スポンサードリンク


つきましては、会社の規則なんかもそこまで重要視しないところをもっております。

その仕事場により様々な仕事の進め方があると思いますが、それらを次々と押し付けて以降とすることを射手座は嫌うところがあります。

教えてもらう当初は一応話を聞いていますが、
慣れが進んでいきますと自分としてのやりかたでどんどん押し進めていこうとするところがあります。

目上の人からの指示については聞いてはいますが、面と向かって反発したりはしません。
心の中では反発しますが、一応聞いているということはアピールしつつもスルーしているでしょう。

強く歯向かってきたりとかはしないので面倒くさいと思うことは少ないかもしれませんが、
現実どのような仕事をしているのかという事についてはじっくりと観察していくことが望ましいと考えられます。

スポンサードリンク

会社に行って働く意味が見つけられない

射手座の人は自分が興味を持っていること以外はあまりやりたがらないので、仕事に対して熱意を持てないという人も多いかもしれません。

という事はサラリーマンとしては致命的な弱点になってくるのですが。

ただし、好きなことに対しては抜群の熱意をもちますので、
熱い人はどんどん前に進みますし、やる気を持たないタイプの人は何をやっているのかよくわからないという人もいます。

ヤル気がないひとでもひと通りはやることはやっていきますが、
心の中ではなぜここで働いているのだろうというような根っこの問題について悶々としている人も多いようです。

余暇にむけてを楽しんでいくために頑張っている射手座はたくさんいるので、条件が良い会社がみつかったらそちらの方に流れていってしまうこともありそうです。

射手座の人の場合、ある日突然会社で辞表を出してしまうということもありますので普段から何気ない会話をしつつしっかりと話を聞いてあげるという事が重要になってくるでしょう。

スポンサードリンク