このエントリーをはてなブックマークに追加

いて座が夫になったらどうなるのかを書いていきます。

まずいて座の人は結婚しても結婚という枠組み自体をあまり重要視していないのでその自覚がほとんどないかもしれません。

射手座男性からすると結婚はこれから外で活動していくために必要な
基礎作りという事に対しての意味が強くなってきます。

スポンサードリンク


そのため、結婚はただの通過点。

結婚をすることによって家庭に対して守ろうという意識はありますが、
とはいうものの自らが家にずっといようという気持ちになるとは限りません。

家庭重視のマイホームパパにはなりにくいかもしれません。

いつまでも自由でいたいため、結婚した自覚があまりない人もいます。

とにかく働いて何かしら自分にとっての有益なものをつかみとってこようという意識が高くなってきます。
休日は家族で色々と出かけていく事も好みますが、妻のほうが乗り気でないと感じているときは一人でもさっさと出かけていってしまうでしょう。

一方、考えるのが好きな射手座の夫は部屋にこもって一人で本を読んだり調べものばかりしているかもしれません。

スポンサードリンク

家庭は妻に専任させる

結婚した後についても色々と縛りのある関係については嫌だと感じてしまう
射手座の夫はそこまで家について執着しようとしません。

家事が苦手でもないですし、やろうと思ったらできるのですが
やらなくてはいけないと思えるようなことについて、発生していくという事が嫌なことの一つになるのです。

時たま手伝おうということについては、問題ないのですが
完全に分けてしまうことで不用意な責任感を感じてしまうこと。

これがどうしても自分の心の中で鎖となって不自由を感じてしまっているようです。

射手座の夫は、可能であれば家事については妻に任せていきたいと考えていることが多くなりそうです。

ですので、射手座の夫に対して家事をお願いするときは、
完全分担性という事ではなく、暇なときにお願いしてみるとやってくるでしょう。

家事の分担については本人に好きな家事があればよいですが、
嫌いな家事だった場合は家にいる事自体が嫌になるのでそれこそ帰らなくなるということもありえます。

上手いことおだてて手伝ってもらえるようにしていけたら良いでしょう。

スポンサードリンク