このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の人が恋をした後の心理について書いていきます。

まず、射手座はそこまで執着がありませんのでうまくいかなかったとしても縁が無かったら仕方がないのかなと考えていく事が多くなりそうです。

執着ということばを頭に入れていない射手座のひとは、
告白してうまくいかなかったりだとか振られてしまったとしても、それはしかたがないということについて思考している可能性も持っています。

スポンサードリンク

初めのころは繊細さを感じさせるようなこともありますが、
気分がおちついてきたら嫌われたとしても仕方がないというように思っていけることができそうです。

どこまで相手が好きだったとしても
相手にぴったりと引っ付くという事についてはせずに、自分というものをキープしようという気持ちをもとうと考えているのです。

運命について考えていこうとしている射手座の人は
人間の結びつきというのは縁があるかどうかになるというような思考になってくるでしょう。

それはどこまでも相性について良いと感じた相手でも、うまくいかないときはうまくいかない事が理解できているからとういこともありそうです。
そしてそのように考えていく方が関係性について楽になれるという事も挙げれるでしょう。

ぴったりしすぎている関係というのは面倒だと感じる

付きあった当初は一緒にいる時間についてしっかり持とうと努力しますが、
いつまでもそのような関係性というのは射手座からするとなんか違うと感じてしまいます。

この世界には恋人と常に行動していきたいという思いを持っている人も多いです。

射手座の人は心の切替については早いので、

今恋人とくっついた関係について満喫していたとしても、
明日になったとたんに一人旅をしていこうとするかもしれません。

相手への愛は共にすごした時の長さと関係が無いというのが射手座もっている感覚になります。
親密な関係つくりをしていきたいと思う人からすると物足りないと思ってしまう所があると感じます。

かりにそのような不満について射手座にぶつけたとしたら逆に面倒くさいと思われてしまい、
あなたから離れていってしまうようなことも考えられるでしょう。

スポンサードリンク

一人になりたいときもある

心も体も常に一緒を好まない射手座は、時には一人でいる時間を欲しいと感じます。

自由がモットーなので、行動面だけではなく、心の中でも自由を取り戻していきたいと思うのです。

遠くの世界を追及したりだとか思想をあれこれ張り巡らせたりだとか、なにかそわそわした感覚があったら
そっと見守ってあげる事も大切です。

自分にとっての自由な時間についてまでとられてしまうと感じると
射手座は今まで築いたものについても面倒くさいと思ってしまう事があります。

射手座のひとは集団であちこちと移動していく事は面倒だと感じるので、
一人行動という事は別に普通の事です。

自分で悩んで自分で勝手に解決していきますので、
その時に再び恋人のもとに戻ってきます。

広い器を持って見守る事も大切になってくるでしょう。

スポンサードリンク