このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の人が合わない仕事について書いていきます。

まずはお決まりのルーティンワークが挙げられてきます。

外出することがなく、とにかく
一日黙々とパソコン作業をするという事について射手座には向いているとはいえないです。

スポンサードリンク

同じ場所にずっといる

このことによってどんどんストレスがたまります。
能力としてはまずまずだったとしてもこれからずっと仕事をしていくという事については難しいと感じるかもしれません。

社外に出られない場合でも、
物を運んだりだとか、足を動かしていくような仕事について混ざっているのであれば我慢できるでしょう。

ちまちましたような作業や細かい管理業務については苦手で、
正確性を求められていくような仕事についても苦手意識をもっているかもしれません。

自分がもっている気分についてムラを持っているので、
長期的にやっていくことが必要なプロジェクトなどもどこかで集中力が切れてしまう可能性があります。

文化とか伝統を守っていくこと

焼き物とか伝統工芸的なものは代々引き継がれていくことが前提とされております。
そこについて守っていことが何よりも大切にされていく世界という事ですが、
射手座の性質としてはきっちりとやること自体がとてもストレスとなってしまいがちです。

自分が鑑賞する方はすきですが、
守る方となるとはなから感覚がないということが挙げられます。
そして仮にやっていこうということを考えたとしても、自分がもっている性格からして難しいと感じてしまうことが大きいでしょう。

この考え方は何も伝統文化だけでなく、
何十年とか100年とか続いている保守的な組織で活動していく時についても同じ感覚になってきます。

常識とモノに対しては世間の感覚とのズレを感じてそこから
脱出していこうとするのが射手座が持っているエネルギーレベルの方向性となります。
その場所に対して妥協点となるものをみつけることは難しいものがあるとおもいます。

古いものにたいして新しくやっていこうと自分なりに対応していったとしても、
それも負担だと感じてしまう可能性をもっています。

スポンサードリンク

長く厳しい訓練が必要な仕事

新たらなことについて学ぶのは大好きな射手座ですが、
刀鍛冶とか寿司職人的な世界での厳しすぎるような訓練を必要とするものについては
自分のもっているものとはまた違うものと感じてしまうところがあります。

技術的には問題なかったとしても精神的に続かなかいということがでてきますので、
どこまでも厳しいと感じるような修行に対しては引け目を持ってしまっているということが挙げられるでしょう。

よく理解できずに体で覚えよと、言われながらも日々の生活をすごしていこうとすることについては、
射手座が持っている感覚からすると理解することが難しいと思っているところでもあるのです。

忍耐することに対してまた、
憧れを持つような感覚がないにしろ、現実については難しいと感じてしまうところがあります。

そこまで長い間の修行でなければ
我慢も出来るでしょうが、一生やっていくということについては限界点をとっぱしてやめてしまうでしょう。

スポンサードリンク

射手座の仕事についてはこちらからも

射手座の仕事の交渉相手は直感と強い熱意が重要!?
射手座の仕事の進め方は計画性はないが、スピードは超特急!?
射手座の学習方法は短期集中のフィールドワーク重視!?
射手座が仕事でつまづくときは綿密な計画とコツコツやっていくこと!

この記事を書いた人

kagekichi3
kagekichi3
会話のネタになる占いの話を書いております。
占いは自分の悩みを解決するものと言う考えを主にするのではなく、一種のコミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
ゆるゆるとお楽しみいただけたら嬉しいです。