このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の良さについて書いていきます。

まずは何かあったときに、明るくはねのけていく能力があると言うことがあげられます。

たとえ失敗したとしてもその失敗については
苦労したと思うことはすくなく、明るく元気に投げ出していくことができるということが射手座の強靭な力になってきます。

スポンサードリンク

ですが、本人としてはそういう意識を持って取り組んでいるわけではなく、
やっているうちにそのような態度に至ったりしているということになります。

言葉尻を整えると、
マイナス面をプラス面にしていくということがとても強い星座になります。

人間万事塞翁が馬と言う言葉がありますが、

マイナス面をプラス面にしていくということは自分の持っている思考について上手に切り替える能力がないとできないものであります。

気持ちについて切り替えていくことというのは、
射手座が持っているスキルの中でも優秀なもので、このことから執着心を少なくしていくことが可能となっていくのです。

辛さがあったとしても、笑っていくことができれば幸運も間たちか近づいてくる可能性がたかまります。

スポンサードリンク

全然知らない人との会話

オープンマインドを持っている射手座からすると、
初対面になる人ともごくごく普通に話していける人が多いよう。

旅で知り合った人に声をかけたりだとか、
同じお店に偶然に一緒にいた人と共にご飯をたべたりだとか、
人見知りをする人からすると素晴らしい社交性をときはなっていくときがあります。

ですが射手座がもつこの感覚はどこでもやるかといわれるとしないところがまた射手座らしさをかもしだします。

自分が所属している組織などでの縮こまった世界ではあまり積極的に
人に声をかけることが苦手ということも考えられます。

自分が行動できる自由な範囲ではビックリするほど壁を取り除くことが出来、
おもしろい関係性を作っていくことができるということは射手座の人が独自で理解できている長所かもしれません。

外国語の習得

すべての人とは限りませんが、射手座の人の特徴として語学が好きだったり習得している人が多いと言うことがあげられます。

習得した時点では他人との関係性はあまり差がないのですが、
習得した後に外に出していくスキルを持っています。

それは言語というものを高尚な学問とは考えないことで、すぐに人に対して用いようと言う考えをもっているからからもしれません。

言語に限らず完璧ということはまず不可能ですから、

とりあえず通じるのかやってみるかと考えている射手座の前向きさがこれらの結果をもたらしているのでしょう。

はじめはつたなくても、やっているうちに、勝手に身について話せるようになっている模様。

ささいなことにはこだわらないで、文法とか文脈がちがっていたとしても、まずやってみること。
ここから先が話せるかはなせないかの分かれ目になっているようです。

ですが、射手座の場合そこまで本腰を入れようと思っていなくても勝手に語学スキルがみについてしまいそう。

スポンサードリンク