パワーストーンのアベンチュリン(砂金関)について書いていきます。アベンチュリンの主要生産地はインドです。

翡翠(ヒスイ)にもにているのでインドヒスイとも呼ばれています。

 

アベンチュリンは森林を想像させます。
馴染みやすく多くの人との相性がよい穏やかな石です。

 

アベンチュリンはその名前自体は石の本来の名前ではなく、
砂金の輝きを持っているアベンチュレッセンスという効果が元になっております。

 

私たちが日常で把握しているアベンチュリンは正式にはグリーンアベンチュリンクォーツと呼ばれるものです。

別名はインド翡翠で、
インドで多く産出し価格も安価で翡翠代替品としていますが、翡翠ではありません。

スポンサードリンク

 

アベンチュリン(砂金関)の 意味

アベンチュリンの名前は医師の名前ではなく砂金のようなキラキラした輝きである、アベンチュレッセンス
という光学効果が名前の由来です。正式にはグリーンアベンチュリンクォーツが名称となります。

古代チベットではアベンチュリンは洞察力を高める石としてあがめられていたと言います。

真理を見つける事が出来る仏様の目ということ仏像の目にこの石を用いたという事もあったそうです。

 

アベンチュリン(砂金関)の 浄化

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

アベンチュリン(砂金関)の 組成

SiO2

アベンチュリン(砂金関)の値段

数百円~10万円くらいです。

アベンチュリン(砂金関)の 誕生石

10月15日の誕生石になります。

アベンチュリン(砂金関)の 和名

砂金水晶 さきんすいしょう

アベンチュリン(砂金関)の 色

緑 青緑

アベンチュリン(砂金関)の 硬度

7

アベンチュリン(砂金関)の 英語

Aventurine

 

アベンチュリン(砂金水晶)の 石言葉

物事を深く見抜いてその本質を知る。

 

アベンチュリン(砂金水晶)の 産地

インド ブラジル ジンバブエ シベリア など

インドで主にとれるのでインド翡翠とも呼ばれています。

アベンチュリン(砂金水晶)の 効果

相手の持っている意見とか考えを肯定していく。

アベンチュリンは表面的な事に惑わされるということを防ぎ本質を見る事ができるように傾けてくれます。物事の裏側にある背景が見える事で素直な気持ちを持つ事が出来てくるでしょう。