このエントリーをはてなブックマークに追加

緑色の効果について書いていきます。僕はお茶が好きなので、お茶畑の緑色のイメージがとても好きです。最近で行くと岐阜のマチュピチュなども面白いところですね。

スポンサードリンク

グリーンの特徴(色の効果と使い方)

自然のパワーをもつ、癒しとバランスの色

平和を愛しバランスを整える

緑は、暖色でもなく寒色でもない中間色となります。

刺激自体が少ないこの色は、相手に対しての窮屈な印象を与えることなく安定的にしていくことが出来る役目があります。

 

緑色を好む人は穏やかに過ごすことが出来る人。

自己主張が苦手な場合、縁の下からグループを支えているタイプです。

周囲から頼りになると見られていますが、どちらかというと受け身になりやすく、自らゴリゴリと進めていこうとすることは好まない傾向があります。

緑のカラーコード

#00e100

#00b400

緑の効果

治癒力を高める

緑色は植物や自然に通じるところがあります。

自然というものがもっている成長とか再生の力というものを感じること。

人々の自己治癒力について向上させていくちからもあります。

特に海外の自然の中で生きている人たちは、サバイバル能力に優れていることに繋がっていくでしょう。

人間人工物が増えて自然を感じることが少なくなりますと、ストレスが高まります。

疲労を感じるときには緑のある公園とか、少し遠出して草原、森林などを見に行ったり、部屋の中に植物を入れていくなどちょっとずつ変化させていくことがよいでしょう。

スポンサードリンク

緑色のチャクラは第4チャクラアナハタ

緑色は胸部に関係なくする第4チャクラアナハタになります。

意味として心臓というところからも通じるように愛情、心のチャクラになります。

緑色の室内装飾効果

流れを変化させることが出来る色

風水ではガスや水道とか、火か水を扱う場所において建物内の気の流れを大切にします。

特に水回りと火を扱う風呂場や台所はどうしても流れが乱れやすくなってくるところがあります。

空間的に違和感ということを感じるようであるときは、
水回りに緑色を入れることによって、風水的には気の流れをしっかりとしてくれます。

電気も火のエネルギーに属するため、トイレにグリーンを置くのも効果的です。

スポンサードリンク

この記事を書いた人

kagekichi3
kagekichi3
会話のネタになる占いの話を書いております。
占いは自分の悩みを解決するものと言う考えを主にするのではなく、一種のコミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
ゆるゆるとお楽しみいただけたら嬉しいです。