このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットカード大アルカナ
7番目のカード恋人The chariotについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

戦車の意味について

戦車のカードは行動力があがり最終的な勝利を手に入れられることを意味します。

積極的な行動が結果につながり、問題を乗りきっていける状況を表すカードになります。

最終的に何かしらの結果を得られる良いカードになりますが、その後どうなるかの保障はありません。

一時の感情によっての行動は構想やビジョンを明確にしないと、現実を見ることができず長続きしないかもしれません。

正位置では、前向きさと積極的姿勢で困難へと立ち向かえる過程を意味します。

逆位置では、困難や障害に対しての回復の進展が見ることができない状況を意味します。

モヤモヤしますが、心の葛藤について少しずつ進んで行きましょう。

戦車はスフィンクスからの二輪車に乗る若者の姿があります。

勇敢に戦う事が出来る勇者を意味するのなら、カード名は戦士と名付けてもよいと想います。

戦士は戦いのときには指揮官の命令に従って行動していく義務があります。

指示によってはどんな状況でも突撃しなければなりません。

指揮官の戦略がうまくいけば勝利するでしょう。

しかし指揮官の指示次第によっては、彼は負けてしまうかもしれません。

国や家族や恋人を守っていく。

そのようなか投げてみると根拠のない、彼は戦場に行かなければならないのです。

彼の戦いは本当に国や家族や恋人を守るためなのでしょうか。

戦車というカードの本当の意味は葛藤だと考えます。

若者が甲冑を着ています。

これは戦いに行くとうい意味で戦車ということがわかります。

他には強いという意味もあります。

それは白と黒のスフィンクスはバランスというものを意味します。

・黄色の背景→他のカード同様黄色は吉兆を意味します。

・鎧にある両肩の三日月→肩に顔が描かれています。

・コマの印→男性と女性の一体というものを示しています。

・馬車とスフィンクス→よく見ると手綱がないことがわかります。

スフィンクスと若者というのは深い信頼関係があります。

・白と黒、男性性と女性性、三日月が二つある理由→世界の二面性について示しています。

二面性はどんなところもあります。

それを含めた上で、初めて人生が進んでいくということを戦車のカードは示します。

スポンサードリンク

戦車の絵の解説

カードの上半分は黄色になります。

背後には城壁と町が描かれています。

戦車に乗った鎧を着けている若者が乗っています。

堂々とした顔つきの若者がこれから出発する姿が描かれています。

タロット下半分については黒と白のスフィンクスが戦車を牽引していきます。

ただ、スフィンクスと戦車の間に綱のようなものはありません。

白黒二頭のスフィンクスに牽かれた若者が戦場へと向かおうとしています。

しかしながらあなたは今は止まっています。

この先に進んでいくことについてはどうしようかということを心のなかで悩んでいるのです。

白いスフィンクスは戦場へ行き国のために頑張ろうと声をかけますが。

黒いスフィンクスからはこのまま何処かへ行ってしまえば良い。
とヒソヒソとささやきが聞こえてきます。

二頭のスフィンクスはそれぞれ斜めの方向へ進もうとしているので、このままいくとどちらへも行きようがないという感じがします。。

戦場に向かうのには黒スフィンクスを説得しながら進むか、

誘惑に負けない心と強い力で突っ走らないと行けないと考えられます。

しかしながらこの二頭のスフィンクスというのはあなたの心そのものです。

2つの心の状態を上手く取り扱いつつ、二頭について上手に操り前に進もうとしています。

自分の心の葛藤をコントロールして前に進もうとしているのです。

身に着けている鎧は実は、心から出てくる不安を封じるためのものだということです。

鎧の左右の肩には顔が描かれています。

顔は左右で違ったものをしています。

あなた自身の顔も左右でことなります。

人間鏡では顔を見ることが出来ますが、自分自身で自分の顔を見ることは一生できません。

準備については不十分の状態で出撃したのでベルトが曲がってしまっています。

しかしながらあなたはすでに進むほかありません。

下半身を診てもらうとわかるのですが、二輪車と合体しております。

二頭のスフィンクスはギリシャにおいて戦う際に最期を見守るものだと考えられていました。

あなたはもう戦車として一体化して生きている状態なのです。

街においてきてしまった家族や恋人たちを考えることもあると思います。

また、戦について恐れないことが当たり前だということに対する不安もあるでしょう。

下半身というのは進むしかなく、すでに人として考えられていないことへの反抗心があるかもしれません。

そのような葛藤や弱さに対しては隠しながらも特攻する決意と覚悟をもつでしょう。

すでにそうするほかはないのです。

スポンサードリンク