このエントリーをはてなブックマークに追加

夢占いによれば、電話の夢を見た時は、自分へのメッセージが込められているといいます。
電話をかけたり、かかってきたりするのは、心の奥で何かを求めている表れなのです。
良い夢か悪い夢なのかは、どんな状況で電話をしていたかによって変わります。
ここでは、夢占いをベースにして、込められたメッセージを解釈していきます。

スポンサードリンク

【誰かと会話したい願望がある】

普段あまり他人に相談事をしない人は、電話の夢を見る傾向があります。
本当は誰かと話がしたいのに、周りにいないので1人で悩みを抱えている場合が多いです。
電話をかける夢はコミュニケーション不足の表れです。
また、電話がかかってくる夢は出会いを意味しているので、親しくなれる相手が見つかる予兆です。

【注意やアドバイスが込められている】

電話の相手と話した内容を覚えているでしょうか。
断片的にでも覚えているなら、それは今の自分へのダイレクトなメッセージです。
特定の人や事柄などが話題になっていれば、関連する何かが起こる前触れともいえます。
はっきりと覚えている場合は、注意やアドバイスとして人間関係の見直しをすることも大事です。
さらに、夢の中で電話がかかってきても取れないとか、かけているのに繋がらないという内容は、精神的な疲労や不安感を表していることもあります。
秘密や悩み事を抱えきれなくなっているので、いち早く相談相手をみつける必要があります。

スポンサードリンク

【コミュニケーションをとるべき時期が近づいている】

これまでなら1人で解決できた事でも、電話の夢を見たのなら方向性を変えるべきです。
頭では大丈夫と思っていても、心の中では相談相手を求めているのです。
頑なに閉ざされた心が、夢の中で電話をすることでSOSを発していると考えてください。
電話の夢はコミュニケーションをとるべき時期が近づいていることを示しています。
周りの人の中で相談できそうな相手がいれば、すぐにでも話をして心を解放しましょう。
誰も思い当たらない場合は、占い師に占ってもらうというのも良い方法です。
どんな夢を見たのか伝えて、メッセージを解読してもらうと分かりやすいですね。

電話に関する夢について、夢占いを参考にご紹介しましたが、電話だけでなくメールやチャットをしている夢でも同じようなメッセージが込められています。
近い将来に誰かしらとつながっていく可能性があること、現状の対人関係で何か起こることを暗示している場合が多いです。
無意識な願望や危険予測を意味しているので、夢占いで状況を確認してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク