このエントリーをはてなブックマークに追加

西洋占星術における第4ハウスのホロスコープの惑星と意味について書いていきます。

西洋占星術の基礎についてはこちらからも

西洋占星術で何が分かるのか?学問としての考え方が面白い!

スポンサードリンク

出会いは with(ウィズ) - 婚活・恋活アプリ無料
出会いは with(ウィズ) - 婚活・恋活アプリ無料
開発元:Viber Media SARL.
無料
posted with アプリーチ

ホロスコープで分かることと各ハウスの意味について!これであなたも西洋占星術が分かる!!

 

西洋占星術第4ハウス太陽の意味と解釈

 

“・一般的よりも保守的な面が強くなる
・伝統や文化的な価値観を自分の中に取り入れる事によって力を発揮する
・そしてその文化の中でのお手本や基準となる事を望む
・自分に関係のある人に対して安全と温かい環境を作ろうとする
・社会的な表立場に立つ事はあまりないが、影の実力者にあこがれる
・父親が持っている安心感が記憶の中に残っている”

 

西洋占星術第4ハウス月の意味と解釈

“・母親からの週間や感情を受け継いでいく
・安全な環境に対しての配慮を注ぎ、安心と安定の空間を作る
・他者から見ると閉鎖的に見えることもある
・状況が変化には敏感
・幸せな状況がいつまでも続くと思い、自分が不利な環境に落ちる事を嫌う
・良くも悪くも住んでいる土地の影響を受けるので、良い環境づくりが必要
・自分の理想に合わない住居に住むと精神的な不都合が出る”

 

西洋占星術第4ハウス水星の意味と解釈

“・平々凡々的な思想とごく普通の発想を持つ事が長所
・常識的に育つ事を目的とする
・学習について自分の心がしっかりと追いつく環境づくりをするのが上手
・不動産や土地に興味がある
・自宅に居る事を好み、細かくリフォームも行う
・心温まる話や、幻想的な小説などを好む”

 

 

西洋占星術第4ハウス金星の意味と解釈

“・温かい感情を持っている
・愛情やぬくもりがあるので人から好かれる
・保守的なところがあり安定的なところもある
・昔話や童話、伝説などが好き
・地域的な文化に興味があり、地元に根付く事が吉

 

 

西洋占星術第4ハウス火星の意味と解釈

“・荒めの家庭にそだったり、感情面での落ち着きが難しい
・活発でにぎやかなのはいいが、自分が結婚した後もやはり似たような環境になりやすい
・家庭内での口論もあるが、本人ははっきりと口にすることによって家に活気をもたらそうという目的も持っている
・女性の場合は男性との関係が消極的に入る
・家ではうるさいが、外では静かな内弁慶タイプになることも”

 

スポンサードリンク

西洋占星術第4ハウス木星の意味と解釈

“・自らの環境と安心を保守する
・幼少期に親からの暖かい保護を受ける
・家庭が良い雰囲気に恵まれやすい
・大家族になる事もあり、伝統的な行事についても尊敬の念を持つ
・感情的に豊かなので自然が豊かなところに住んでみるとよい”

 

西洋占星術第4ハウス土星の意味と解釈

“・感情表現にリミットがある
・気持を開放できない原因は幼少期の環境が大きい
・自分の親に対しての恩を返すタイミングが出てくる
・結婚してから家を出たとしてもまた実家に戻るパターンがあり
・若年期は実家から出るほうが人間性の幅が広くなる

 

西洋占星術第4ハウス天王星の意味と解釈

“・伝統的な環境下から飛び出したり、異質な環境にいったりする
・生活環境に対して変化が大きくどこにも根付かないような生き方をしやすい
・しかしながら都市での生活には適正がある
・結婚する場合は相手の家庭が伝統的だとなじみにくい
・家庭がバラバラでも仲が悪いわけでは無い
・家を購入するよりは賃貸の方が居心地がよい”

 

西洋占星術第4ハウス海王星の意味と解釈

“・何かしらの謎のある家庭環境で育つ
・親が何をしているのかよく分らなかったりだとか、不備があることがある
・生活の保障については難しく浮き沈みの激しい事もある
・住宅について過大妄想があり、良い家に住みたいという望みがある
・環境の影響を受けやすいので、親から出来るだけ早く自立することが重要”

 

西洋占星術第4ハウス冥王星の意味と解釈

“・両親からの影響は偏りがあり、安心感を与えない
・このことから良くも悪くも人の深層心理を深読みする能力が身に着く
・よって子供自体の自立や人間の幅を広げるので悪いと言えない
・才能が有り余る親の場合もある
・将来自分も才能を発揮することもある
・アスペクトの配置によっては親との縁が薄い”

 

スポンサードリンク