このエントリーをはてなブックマークに追加

動物占い7番目は虎です。虎もライオンに続き強いイメージとたくましいイメージがあります。人間に例えるとどのような形になるのか書いていきます。

スポンサードリンク

虎の基本キャラ

・地球グループ
・目標指向型
・未来展望型
・左脳型

各用語がわからない方はこちらからどうぞ。

動物占いの右脳型と左脳型の違いについて

動物占いの未来展望型と過去回想型の特徴について

動物占い目標志向型と状況対応型の違いについて

動物占いの月、地球、太陽の3分類について

親分肌をかざしているつもりはないのに面倒見が良いので存在感を発揮しやすいのが虎の特徴です。

人情に厚いので、頼まれたことに対しては断りにくい性格。

頼りになる性格は時として、自己主張が過ぎてしまうこともあります。

上司や先輩からの命令指示もあまりスキではないです。

ただし割と冗談やユーモアが通じ、笑いつつもきついことを言ってしまいます。

怖いと思われることも多いですが、平等や博愛主義を持っているため人がついてきやすい面を持っています。

主導権を握りつつ対等な関係づくりができるので、話しやすい上司になりそうです。

そんな虎も白黒をはっきり付けたいタイプということを忘れてしまい、

約束の時間を破ってしまったり物事を曖昧にしてしまう人に出会うとキレられてしまうかもしれません。

ファッションセンスとしてはカラフル感や均等になっているものを好むようです。

色彩感覚に優れているので奇抜なファッションや、オタク系のファッションをしているとセンスが無いと言われてしまうかもしれません。

ライオンと違うところはライオンは自分に甘く他人に厳しいですが、虎は自分にも相手にも厳しいというところが挙げられます。

そのため白黒をはっきりさせてしまうというところにつながってきます。

虎は自分のテリトリーを大切にするため家庭をとても大切にします。

家庭を築くために自分の理想に近い相手を基準にしているところがあります。

面倒見が良いということはそれだけ好意を持ってくれる相手も多いです。

気に入った相手と付き合える可能性も自然と上がっているのです。

そんな虎は以外にもメールや電話は仕事用のツールと考えています。

というのが虎の表の顔。

実際は好きな子からのメールにはワクワクしているところがありますが、遊び心は見せないところもあります。

スポンサードリンク

虎はさらに6分類に分かれます。

自分がどのキャラかわからない人はこちらから調べてみてください。

動物占いの60種類キャラの一覧の換算表について調べてみた話

※ホワイトエンジェルとブラックデビルとは
最も相性のよい存在がブラックデビル
最も相性がよくない存在がブラックデビルになります。

6愛情あふれる虎

ホワイトエンジェル

21.落ち着きのあるペガサス

ブラックデビル

51.わが道を行くライオン

43動きまわる虎

ホワイトエンジェル
8.磨き上げられたたぬき

ブラックデビル
38.華やかなこじか

49ゆったりとした悠然の虎

ホワイトエンジェル

14.協調性のない羊

ブラックデビル

44.情熱的な黒豹

54楽天的な虎

ホワイトエンジェル

9.大きな志を持ったサル

ブラックデビル

39.夢とロマンのコアラ

55パワフルな虎

ホワイトエンジェル

20.物静かなひつじ

ブラックデビル

50.落ち込みの激しい黒豹

60慈悲深い虎

ホワイトエンジェル

15.どっしりとしたサル

ブラックデビル

45.サービス精神旺盛なコアラ

 

恋人に最適なキャラ

1位:コアラ

2位:猿

3位:ひつじ

気をはりやすい虎はスロペースで付き合えるコアラを心地よく感じます。

オンとオフの切り替えをうまくしてくれるので付き合いやすいです。

結婚に最適なキャラ

1位:こじか

2位:ペガサス

3位:黒ヒョウ

しっかりものの虎と甘えん坊のこじかは何かと気になる存在です。

フォローをするなかで、長続きするようです。

参考記事はコチラからも

動物占いの60分類の説明について

動物占い60キャラの相性表について

スポンサードリンク