1月

【1月22日の誕生日占い】性格や運勢を解説!

1月22日生まれの人は、『感情の嵐に翻弄される人』

1月22日生まれの人は、他人を拒絶するかと思うと別の人は引きつけるという激しいエネルギーの持ち主。感情が顔に出てしまうため、私生活でも社会でも衝動をコントロールするのが苦手です。なかには、人前では非常に自制心が強そうに見えても、私生活では勝手気ままにふるまう人も。一方、仕事の場で激しい気性が出てしまう人もいます。最も成功する(そして最も長生きする)タイプは、公私にわたって衝動的な性格をうまく導き、感情の荒波をのりきっていく人たちです。
 最大の課題は感情のコントロール。激しい感情を抑え、人びとに息をつかせる余裕を与えたほうが対人関係がスムーズにいくと気づいてください。友人や恋人、家族は、あなたの癇癪にひやひやさせられてうんざり。その癇癪が、あふれる感情というより気持ちの乱れに見えてしまうのです。
 仕事面ではできるだけベテランのアドバイスに従い、慎重に取りくんだほうがよさそうです。活気、湧きあがる創造力、独創力が欠けてしまうのではと心配するにはおよびません。最新の注意力を養い、技術を磨くことが肝心なのです。アドバイスに束縛されてしまうのではないか、また、自分らしさが損なわれるのではないかなどと恐れないこと。そんな心配はまずありません。
 精神的に成熟した人の場合、感情の深さに見合った忍耐力や洞察力を身につけることができます。初めのうちはたいへんでも、自分自身や仕事をありのままに見つめることが、有意義な関係を築き、ビジネスを成功させる秘訣です。さらに、社交術を磨きつづけること──つまり他人の仕事に興味をもち、違う意見に耳を傾け、分かちあい、話しあって長所や短所を受けいれることも大切です。本来のたくましさに、こうしたやさしさが加わると、非のうちどころのない円満な性格が得られるでしょう。
 落ち込むとなかなか立ちなおれません。大人になったらできるだけ早いうちに自分をよく把握し、自分の能力を現実的に評価すること。1つの仕事にエネルギーを集中し、1歩ずつ着実にキャリアを築いてゆくのがベストです。途中で癇癪を爆発させ、すべてを台無しにしてしまわないよう注意。癇癪が起きそうになったら無理に抑えつけず、その蒸気を逃がす安全バルブを開くこと。

1月22日生まれの人のナンバーと惑星

突飛で癇癪を起こしやすいナンバー4(2+2=4)と天王星に支配されますが、1月22日生まれの星座である水瓶座も天王星に支配されるため、この傾向はますます強まります。さらに山羊座~水瓶座カスプ(テーマは謎と想像)の影響で、刺激を求めます。ナンバー4に支配される人は、独特の行動様式と考え方をもっています。規則やルールに従わず、社会秩序を変えたいと願うことが多いようです。22は重なった数なので、双子や偶然の一致、対照的な形、さまざまな対になっているものに興味を抱きます。

タロット

22日の大アルカナ・カードは愚者。ある解釈では、無分別にも断崖の縁から一歩を踏み出そうとしているといわれています。描かれているのは、判断力をなくした愚か者だという説もあれば、物質的束縛から自由になった無垢な魂の持ち主だという説もあります。このカードのもつ良い面は、抵抗をやめ、本能に従って自由に行動することです。愚かさ、衝動、破滅など悪い意味もあります。愚者といっても、年齢を重ね、経験を積み、独自のものの見方を身につけたすばらしい人もいるのです。

1月22日生まれの人の健康について

健康面で何より大きな問題は精神や感情面の安定です。深いレベルまで自分を知ることが大事ですが、洞察力の鋭いセラピストによる治療も効果的。肉体的な快感を得られるような幅広い活動がおすすめ。また、呼吸と体をコントロールするヨガのような自己鍛錬も向いています。活力や創造力にあふれたシェフになれる資質があります。料理や食べ物に興味をもつとよいでしょう。性的な満足感、愛する人との心あたたまる交流は、傷つきやすいプライドを癒してくれます。

1月22日生まれの人へアドバイス

自分にとってプラスになることはしっかり受けとめましょう。あきらめろとはいいませんが、限界を知ることは大切です。仕事に客観的に取りくむこと。他人の意見をすべて退けるのは問題です。逆境に直面しても冷静に。

瞑想のことば

熱中は活力を与えるが、道を誤ると危険。

1月22日生まれの有名人

バイロン卿(イギリスのロマン派詩人。『マンフレッド』)
ラスプーチン(ロシアの修道僧。ニコライ2世の信用を得て国政に関与。〈怪僧〉と呼ばれた)
フランシス・ベーコン(イギリスの随筆家。哲学者。政治家。『ノウム・オルガヌム』)
アウグスト・ストリンドベリ(スウェーデンの劇作家)
D.W.グリフィス(サイレント映画監督。『国民の創生』)
セルゲイ・エイゼンシュテイン(ロシアの映画監督。『戦艦ポチョムキン』)
ジェローム・カーン(ミュージカル・コメディ、オペレッタの作曲家)
ジョージ・バランシン(アメリカの振付師。ロシア出身)
アンドレ・マリー・アンペール(フランスの物理学者。電流の単位アンペアはアンペールにちなむ)
サム・クック(ソウル・シンガー。ソングライター。プロデューサー)
ジョン・ハート(イギリスの舞台、映画俳優)
J.J.ジョンソン(ジャズ・トロンボーン奏者)
ウタント(ビルマの政治家。国連事務総長)
ジョゼフ・ウォンボー(ミステリー作家。警察小説『センチュリアン』)
ゴットホルト・レッシング(ドイツの劇作家。批評家)
ダグラス・〈ロングウェイ〉・コリガン(パイロット。カリフォルニアに行く予定が、誤ってアイルランドへ飛ぶ)
高橋恵子(女優)
星野仙一(プロ野球選手。監督)
鳳蘭(女優)
網野善彦(日本史学者)

1月22日生まれの人の長所

気どらない
情感豊か
エキサイティング

1月22日生まれの人の短所

せっかち
気性が激しい
注意散漫

ABOUT ME
kagekichi3
様々な占いを勉強して、自分のノート代わりにこのブログを書いています。 誰かのことを占うよりも、会話のネタになる占いの話がしたいですね。 占いは自分の悩みを解決するものというよりも、コミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
人気記事