1月

【1月2日の誕生日占い】性格や運勢を解説!

1月2日生まれの人は、『高い目標をめざす人』

1月2日生まれの人は真面目で、自分に過大な物を求めます。もともと基準や志が高く、現在の自分がこれでいいのだろうかと不安を感じているため、世間に対して「できる」人間だと証明せずにはいられないのです。このため、厳しい役どころを進んで引きうけ、不可能と思えるものに挑戦し、限界ぎりぎりまで自分を追いつめてしまいます。プレッシャーに身をさらすのが性に合っているようにも見えます。はたから見て、とくに理由がないときでも、楽をしたがらないようです。ワーカホリック、あるいは強迫観念にとりつかれているという表現がぴったりです。比較的穏やかな人の場合でも、大家族を扶養する、複数の家や財産を管理する、仕事上の長期プロジェクトに意欲的に取りくむなど、重い責任を負っていることが少なくありません。
とはいえ1人で仕事を背負い込むことはないでしょう。チームの一員として優れた仕事ぶりを発揮し、長年にわたってきわめて忠実に義務を果たすことができるからです。引退しても、ひまを楽しむタイプではありません。一方、自分でスケジュールや計画を立てなければならないクリエイティブな仕事や自営業に向いているのですから感心します。刷新にこだわるというよりは、むしろ最高の作品や完璧なサービスをめざす完璧主義の職人です。創造性は豊かですが、はっきりした目標があれば堅実に、目標に的を絞ってベストをつくします。できないのにできるふりをしたり、自分の仕事ぶりをよく見せようとしたりすることはまずありません。しかし、自分に厳しすぎるせいか、自分の仕事ぶりになかなか満足できないようです。
ときには仕事を忘れ、肩の力を抜いて楽しいひとときを過ごすこと。家族や友人が説得すれば聞きいれてくれるでしょう。愛する人との接触がないと、年々孤独を深めてしまいます。危険なのは社会との接点が少なくなり、現実を見失ってしまうことです。社会性を失うと、利己的な行動や反社会的な行動を含め、あらゆる行動を正当化しかねません。つねに社会性、人間的な勘を働かせておくことが非常に大切です。
自分の権力欲にとらわれないこと、他人とのつきあいを大切にして、この後に自分の居場所を見つけることが大事です。

 

1月2日生まれの人のナンバーと惑星

2日生まれの人は、ナンバー2と月に支配されています。よき同僚、よきパートナーとなりますが、リーダー向きではありません。この性質は1月2日生まれの仕事や人づきあいに役立ちます。しかし、月の影響は自発的な行動を抑制する面もあるのでフラストレーションが生まれます。月と山羊座を支配する土星の組み合わせは大成功をもたらす一方で、心の奥底に複雑なものをかかえた孤独をもたらします。ナンバー2に支配される人が2番目の子供であれば保護される一方で放置される傾向があり、両親が1番目の子供に向ける強い愛情のあまりを受けるとはいえ、やはり長男や長女に従うことになりそうです。

タロット

2日の大アルカナ・カードは女祭司。王座につき、冷静で何事にも動じない姿が描かれています。女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解きあかし、その知識をもって人間に力を授けます。このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、思慮分別。悪い面は誰にも打ち解けず、人を信頼しないこと。また、何事にも無関心でものぐさなことです。

 

1月2日生まれの人の健康について

健康上の問題も含めて、個人的な恐れや心配事を溜めこむ癖があります。急性疾患よりも慢性病に悩まされがちなので、とくに歯、髪、筋肉、骨など、定期的なケアが必要な部分には要注意。仕事中毒ぎみなので定期的に休暇をとるように心がけ、その間には仕事を忘れること。食事と運動については楽しむことが先決。定期的に何かを楽しむことは非常に大切です――元気を取りもどせるだけでなく、無気力や無感動になるのを防ぎます。

 

1月2日生まれの人へアドバイス

とにかく世間との関係を絶たないこと、悲しみや苦しみとはさよなら。厄介事は受け取らず、さっさと送り返してしまいましょう。他人の助けを求めること。人生が与えてくれる最高のわくわくする経験を積極的に自分のものにしてください。

瞑想のことば

困難をつらく感じるか軽く受け流すかは心の持ちよう。

1月2日生まれの有名人

テレーズ・ド・リジュー(フランスのカルメル会修道女。異称(小さき花)。自伝「小さき型テレジア自叙伝」)
アイザック・アシモフ(ロシア生まれ。アメリカの科学者。SF作家。「われはロボット」)
レナータ・テバルディ(イタリアのソプラノ歌手)
ジム・ベイカー(宗教家。テレビ伝道師。姦通、資金着服で有罪判決)
ウィリアム・J・クロウ(アメリカの軍人。米国総合参謀本部議長)
デヴィッド・ベイリー(イギリスの写真家)
ルイ・G・ブレゲー(ジャイロプレーンを発明。エールフランスの創設者)
ジェームズ・ウルフ(イギリスの軍人。ケベックの戦闘でフランス軍を破る)
ジョルジュ・ブラン(フランスのシェフ。作家。「皿の上の自然」)
ユーリー・グリゴローヴィチ(振付師。演出家。ボリショイ劇場バレエ団芸術監督)
ロバート・スミッソン(アーティスト)
ミリー・バラキレフ(ロシアの作曲家)
海部俊樹(首相)
池田大作(創価学会会長)
安井かずみ(作詞家)
伊丹万作(映画監督)
河合雅雄(霊長類学者)
立川談志(落語家)
森村誠一(小説家)
津川雅彦(俳優)

1月2日生まれの人の長所

責任感が強い
人間性に深みがある
ひたむき

1月2日生まれの人の短所

仕事中毒
自己規制する
わがまま放題

ABOUT ME
kagekichi3
様々な占いを勉強して、自分のノート代わりにこのブログを書いています。 誰かのことを占うよりも、会話のネタになる占いの話がしたいですね。 占いは自分の悩みを解決するものというよりも、コミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
人気記事