このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の望んでいる人間関係について書いていきます。

まずは生活スタイルというものを尊重できることです。

人間はそれぞれ違った考えのもとでそれぞれが面白いことを作っていけると考える射手座のひとは、お互いの距離感というものをとても大切にします。

スポンサードリンク

友達を家に連れてくることについてはいつでも問題ありませんが、家のことなどについてあれこれと指図してくる人に対しては嫌悪感を覚えていくでしょう。

自らの生活スタイルは自らのものなので、ちまちまと言われることはかなり気にしていきます。

そういうことは抜きにして付き合っていきたいと考えている人も多いと思います。

他人に対しても同様の心構えを持つこと。

相手についてはお互いが持っている個性について活かしていければそれでよいと考えることが多いようです。

プライバシーについては気にする人が多いので、自分の持っているペースを軸にして付き合うことができるというのが理想になるでしょう。

お互い協力しあえる。

あっさりとした性格をもっている射手座は人に対してあまり依存することはなく、
自分の処理は自分で何とかしていこうとするタイプでもあります。

悩んでいることがあったとしても他者に対して相談するということはあまりなく

自力で調べたりだとか、自らの気分を開放することによって解決していこうとすることが多いでしょう。

精神面という所ではあまり他者に依存することがなく、自立した精神力を持ったうえで互いに協力するということが基本になります。

愚痴とか不平をいって傷をなめあう関係ではなく、お互いが向上しあえるような関係づくりになっていくととても面白い関係になりそうです。

上昇志向を持っている射手座の人は他者に対しても明るい思想とか、楽しい思いを求めています。

スポンサードリンク

お互い持っている経験値について共有していく。

自らと違った人とも知り合いたいと考えるのが射手座です。

むしろ自分との価値観が全く違うと思える人にこそ自分から積極的に近づいていこうとするかもしれません。

射手座の中では価値観の違うことを取り入れることで複合的な答えを導き出すということが自分にとっての私服になるところがあります。

したがって自分にたいしてのイエスマンばかりの環境では逆につまらないと感じてしまうことも多々あるでしょう。

同じような感覚を持ちながらも全く違うバックグラウンドを持つ人。

異なる体験をしてきた人と会話をするということについてはいて座の人は至福を感じるときです。

自体験と相手の体験を共有するということをもつことで、裏にあるものを感じ取ろうとしているのです。

スポンサードリンク