このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の苦手な人間関係について書いていきます。

まず好き嫌い関係なく感情だけでつながっている関係があげられます。

世間には好き嫌いの気持ちについて重要になっていくと考える人も多いかと思いますが、
射手座の人は感情だけのつながりは好まない傾向があります。

学んでいくことによって楽しいとか、おたがいに刺激的だとか、何かのプラスアルファのメリットが欲しいと感じているのです。

スポンサードリンク

なので相手の人がどこまでも素晴らしいと感じてよい人であったとしても、
その感情だけではものたりないと思うところもあります。

仮に相手との会話があまりできなかったとしても、
相手に対して何かしら感じることができればよいでしょう。

ただし、無個性かつ自らの意見を持っていない場合はどこまでよい人だったしてもつまらなくて脱出していこうとするでしょう。

人間関係にプラスアルファを求める射手座は、好きか嫌いかという感情的なつながりだけではなくもっと別のものを求めているのです。

愚痴や不平不満ばかりの会話

射手座は他人の噂話だとか、不平不満といった類の会話がとても苦手です。

ひとまず空気を読もうと頑張りますが、そこに価値観を得られないと初めから信じているので自ら積極的に話していくということはないでしょう。

そこから始まる内容について、ネガティブな会話がふえていきますと自分でもフラストレーションが溜まっていきなり去っていくなど辞めてしまうこともあるでしょう。

愚痴や不平不満については不毛な時間だという事を自分の中で信念として持っています。

そのためそのような会話に対してのポジティブな見解はほぼないといってよいでしょう。

自分の周囲にいる本当に小さな地域での、
小言について射手座の感覚からするとどうしても、聞いているだけで不調の元となってきてしまうのです。

内心では広い価値観とか面白い世界観をしればよいのにと思っていることもあります。

スポンサードリンク

重たすぎる愛着や愛情

どこまで親しいと感じている友人がそばにいたとしても射手座はそこで密着するということを好もうとはしません。

他社との感情ごとについては本人が解決すべき問題であって、射手座からすると自分で何とかするのが筋ではないかということを感じることもあるでしょう。

明るい射手座のもとには人が集まって着やすいですが、
精神的にベタベタとしてくるひとはどうにもこうにも面倒くさいと思ってしまいがちで敬遠されてしまうでしょう。

そして、親しくしている人であってもお互いのことについてどしどしとしつこくして来ることは自分にも相手にも求めて行かないでしょう。

自分のことをどんなに好きでいてくれていたとしても、
非常に重たい感情では、逃げていきやすくなります。

執着するという感情は射手座の感情の中でも非常に適応しにくいものの一つになっております。

スポンサードリンク