このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の父母について書いていきます。

射手座の父母は、子供のころの感覚を忘れないので、自分の子供に対しても子供の頃の感覚に沿って接していくことができます。

自分から積極的に動いていく事で、
子供に接するので、変な威圧感とか怖さについて感じさせることが少ないでしょう。

スポンサードリンク

自分自身が自由に生きているので、子供に対しても小言でねちねちというようなことはしないようにと心がけているようです。そのため、親としてはそこまで色々といって来ないでしょう。

子供にたいしての自立性を一番に求めているので、
自分から見たところから少し引いた上で、子供に対しての意見とかどのようにしていくのかとかをはなしていくでしょう。

自分に対して上から目線で話すということはあまりせずに、
日常生活の基盤の上で、応用力がつくような形でさりげなくアドバイスしたり自分の知っていることを押していくことについて望んでいます。

射手座の親というのは自分がしっかりとしなくちゃという意識がそこまで高くはないので、
子供にたいしての指導というよりは、子供と一緒に自分も知らなかったような内容に対して学んでやっていこうと考えているのです。

スポンサードリンク

物質面よりも記憶に残ることを重視

射手座の親は子供ができたら一緒に何かをして楽しみたいと考えることが多いようです。
そのため週末とかには家族で一緒にでかけていったりすることがおおくなりそうです。

何か物質面で与えて喜ばせるというよりは

何か未知の体験について一緒にやっていくほうが価値が上がっていくというような思いがあります。
それは子供だけでなく、自らも楽しいとおもえるようなことについて考えながら行動していくことが出きるでしょう。

射手座の人は外出が好きなので
子供が引きこもっていたりすると、何かと声をかけて遊びに連れていってくれようとするということがあるでしょう。

もしも子供があまり自分の発言をしないような子だった場合に、
射手座の親はどうしてよいのか分からなくなってしまうことも出てくるでしょう。

子供についていきたいところにいくということもそうですが、
射手座の親は自分のことも大事なので自分がいきたいと思うところにいくということもあげられるでしょう。

スポンサードリンク