このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の子供について書いていきます。

射手座の子供はその思考が他の子供に比べるとやや変わっているという事が挙げられます。

射手座の人が生きていくという方向性については、
自分の持っている世界についてしるということと、そこから得ることの出来る何かを探して実際に活用していく事になります。

スポンサードリンク

ですが、子供からすると何をしたいのかも難しいと感じてしまうでしょう。

そんな中でも射手座の子どもというのは自分が持っている
世界について感情をしっかりと持って行こうという豊かな感覚を持って生きています。

ですが、従来社会の中でのどのように生きていくのかいう事に対して
そこまで明確なところが決まっていないため、考えていることに対してやや独創的な感覚になりがちです。

親がそこのところをしっかり理解できれば良いのですが、
現実を見ようとするタイプですと、子供が何を考えているのかが理解できないので、
不安が増幅していってしまう可能性が高いです。

射手座の子供フワフワとしているような理解しにくいことについて語り出すことがありますが、
その内容というのは特段特別なことではないということをりかいできたらよいでしょう。

スポンサードリンク

わけがわからない遊びや行動に目を配る

行動力にあふれた射手座は幼少期から好奇心がたくさんあるためとにかく面白そうなことに近づいていきます。

恐怖の気持ちについては感じるのは当然ですが、

好奇の目が勝るので、危険な行動に出て行かないように親の目が光らせるところはきっちりしていけるとよいでしょう。

一人行動についてしていこうとする子供も多く、
親に特に何も言わないでどこかへいってしまったりだとか、
時として、危険と思えるような行為に走ってしまうこともかんがえられます。

本人からすると悪いことをしているという気はなく、
自分が持っている考えについて答え合わせをするというようなことを感じているかもしれません。

危ないということから何かに対して禁止をされてしまうほど
そのことに対して興味を持って行こうとするところがあります。
行動に対してなぜいけないのかを話すときにはひと工夫していかないと、反発心からさらなる行動の上書きをしていく事も考えられます。

元気があり余ることでとにかくよくわからないことをしだすという事が考えられます。
しっかりと話を確認してあげるという事や熱中していくことができることについて共に探していける関係ができたら良いでしょう。

スポンサードリンク