このエントリーをはてなブックマークに追加

射手座の人が妻の場合について傾向を書いていきます。

まず射手座の妻は天真爛漫という事が挙げられます。

ほっこりとした太陽のような笑顔について見せてくれる射手座の妻は家庭をしっかりと照らしてくれる貴重な存在となってきます。

スポンサードリンク

人に対して平等に接していくことができて、
ほがらかな笑顔を感じさせるのでそこを見るだけでも夫は、いいなあと思えるところがありそうです。

思考していくことに対して少々ボケていることもありますが、そのことについても愛嬌としてとらえるとよいでしょう。

少しくらいなにかあったとしてもそのままほっといてあげると喜ばれます。

一緒に痛いときと、絶対的に独りでいたいときで感情の起伏がありますが、
射手座の妻はそこから自分にとってのよいバランス具合をとっていこうとしているのです。

もしも射手座の妻がなにか不満をもたらしているということであれば、
現状での生活にたいしてなにかしらの変えていきたいという思いを心うちにしているかもしれません。

爆発する前に発散させてあげましょう。

家事の内容については平均点でOK

主婦として家事は一通りできますし、能力的には低くはありません。ただし、やる気のある時ないときで差が激しいと言うことがあげられてきます。

例えば少々ホコリがかぶっているとかそのような部分について指摘を受けたとしても、
ホコリぐらいではなんともならないよ~~
などと明るく元気に過ごしていくことが多くなりそうです。

完全にやっていかなくちゃと
神経過敏になりすぎることはなく、ひとまず自他ともに我慢ができなくならない程度の生活度合いは保っていけます。

ゆるい感覚ということについては、夫から見てこれでよいとおもうか、もう少しきちんとしてほしいかは分かれてきます。

ただし、お金の管理だとか、節制して減らしていこうと思うことについてはあまり得意ではありません。
そのばあい夫が得意であれば任せていった方がよい場合ということも考えられていくでしょう。

完全だと思えるような家事ではなくても
平均点レベルを維持させていくことができるのでそこが長所となった姿が射手座の妻にはあるのです。

スポンサードリンク

社会とのつながりを切りたくない

家庭にはいることで夫の仕事をずっとサポートしていくということについては
射手座の妻からすると向いていないことになります。

もちろん夫が嫌いとかそういうわけではなく、心の中では支えたいということは願望としてありますが
自らの人生についてこれからずっと夫一筋でささげていくといことについては無理をしていると感じてしまいそうです。

射手座の人が専業主婦になりたいという願いを持っている場合は、
自由になることでさっさと抜け出したいという思いが心の奥にあります。
ですが、念願かなったとしても数年もしていくと主婦をすることに対して飽きてしまったり目標を見失ってしまうかもしれません。

基本的は射手座は家に引きこもろうとすることは少なく、
世の中の何らかの存在とはつながりたいと考えているところが多いです。

会社につとめているとうことだけではなく、主婦になってもパートやフリー活動といったあらゆる場面で顔を出していった方が精神的なバランスをうまくとっていけることになります。

スポンサードリンク