このエントリーをはてなブックマークに追加

タロットと星座の基本的な性質について調べてみました。

知らない人は全く関係ないと思われがちですが、意外と関係ありますので見ていくと面白いと思います。タロットカードの詳しい本を読むと解説されていますが、大アルカナと12星座に合わせて守護惑星も関係性があります。さらに、それぞれの性質から小アルカナカードにも関連していくというグルグルぐるぐる回っているのです。

というのも、西洋の神秘的哲学思想をベースにしているところもあります。

スポンサードリンク

12星座対応の大アルカナカードと小アルカナカードについて

これをみれば、星座とタロットカードの関係性が分かる!

おひつじ座

大アルカナカード:皇帝。

守護惑星:火星 開拓者の星

小アルカナ、

3/21-3/30:ワンドの2(火星)

3/31-4/9  ワンドの3(太陽)

4/10-4/19ワンドの4(金星)

12星座のトップバッター、無から有を生み出していく能力を持ちます。自分が先手を出して常にトップを目指す。
熱すぎるものを持っていて、周囲に対して目立つ力と行動力はトップクラス。しかしながら集団行動が得意とか好きというものでもなく、自分がしたいことを空気を読まずに突っ走る純粋な心の持ち主。

挑戦と、成功を繰り返すことで良い感情を保つことができて、もしもダメでもまたやればよい。
このように単純なようでもまっすぐな姿勢が周囲への魅力となっていくようです。

 

おうし座

大アルカナカード:法王

小アルカナカード

4/21-4/30:ペンタクルの5(水星)

5/1-5/10:ペンタクルの6(月)

5/11-5/20:ペンタクルの7(土星)

守護惑星:金星 愛と感性

美の女神アフロディーテがつかさどるように五感とか美的センスに長けている人が多いです。

自分に対してやってみようとか、やらなきゃわからないと、自分自身の五感をもって判断していくことが大切なものとなります。

一定の場所とか安定について満足していくことが多いです。

恋人に対しては結構ワガママで自分が把握できるところにいないとすぐにポイされてしまうかも。

女性もですが男性に関しても女性的な柔らかい雰囲気があります。味覚が発達しすぎていて、グルメな店をよく知っています。

 

ふたご座

大アルカナカード:恋人

小アルカナカード

5/21-5/31:ソードの8(木星)

6/1-6/10:ソードの9(火星)

6/11-6/21:ソードの10(太陽)

守護惑星:水星 コミュニケーションの星

個別で色々なことにたいして興味を持ったり、楽しんだりする器用な人。

人当たりについても柔らかいところがありますが、相手を見限ったときの速さも高速級。

失ったときは何についても興味を失います。

身近な例で行きますとやたらめったら話しまくっている人については、大体太陽か水星がふたご座のひと。

 

かに座

大アルカナカード:戦車

小アルカナカード

6/22-7/1:カップの2(金星)

7/2-7/12:カップの3(水星)

7/13-7/22:カップの4(月)

守護惑星:月 家庭を表します。

蟹座のひとは集団的に歩むのが好きでみんなで行動したり、仲間意識について高い人が多いです。

友達、家族、恋人が大好きです、他人の噂話にも耳ダンボなところがあり、あまり好きじゃないと判断した人に対しては、とても分かりやすくよそよそしくなってしまうところもあります。

人のためなら、あなたのためを思ってというのは相手からすると余計なおせっかいだと思われてしまうこともあります。

少年少女のようにワイワイとやっていけるのが素晴らしいところですが、意外と小心的なところもありますので、無理することはやめておきましょう。

長文メールとか長話が得意なのはたいてい蟹座になります。

 

 

しし座

大アルカナカード:力

守護惑星:太陽 最も大きい燦然と輝く星

小アルカナカード

7/23-8/2:ワンドの5(土星)

8/3-8/12:ワンドの6(木星)

8/13-8/23:ワンドの7(火星)

火の星座の中でも牡羊座の年上タイプ、いて座の適当っぷりとは違い、ででーんと構えた親分タイプです。

真っ赤に燃える太陽のごとく炎を燃やしています。

自分からあえて主張はしないですが、とにかく目立つし目立ちたがり屋で動いていくところが長所であり短所でもあります。

派手なところがワンマン的なノリを出していくところがありますが、

しし座は固定宮なので思ったよりは保守的なところがあります。

スポンサードリンク

おとめ座

大アルカナカード:隠者

小アルカナカード

8/24-9/2:ペンタクルの8(太陽)

9/3-9/12:ペンタクルの9(金星)

9/13-9/22:ペンタクルの10(水星)

守護惑星:水星 ふたご座と同様

双子座がコミュニケーションの枠で水星が強く出ているのに対して、乙女座の水星は知性という面で強烈に出てくるものがあると感じます。

分析力が高く、防衛的。自分の能力に対して高めていくことでしっかりと役割を果たしていくことができます。

自分にも他人にも厳しくいですが、柔軟宮だけあってそれなりに人にも合わせられるところもありますが、

自分の特定の枠から外れてしまう人に対しては排除していきたがる面も持ちます。

ギリギリで人の心にチクチクとくるような形での指摘が得意です。正論なので言い返せない。

 

てんびん座

大アルカナカード:正義

守護惑星  金星 おうし座と同様

小アルカナカード

9/23-10/3:ソードの2(月)

10/4-10/13:ソードの3(土星)

10/14-10/23:ソードの4(木星)

芸術的なセンスについて持っています。
博愛主義でお洒落とかにセンスを持っている人です。

守護星について金星だからかもしれません。

八方美人で誰に対してもいい顔をしているということは争いについて好んでいないからでもあります。

さらっとしているよう見えて他人に対していろいろと見えているところもあります。

社会的に常に自発的に行動していくことができます。

ものあたりがよく、意見するときもやさしくしてくれますが、人によってはきつくなります。

 

さそり座

大アルカナカード;死神

小アルカナカード:

10/24-11/2;カップの5(火星)

11/3-11/12:カップの6(太陽)

11/13-11/22:カップの7(金星)

守護惑星:冥王星 創造

水の性質に対して一番高いものを持っています。さそり座の女の歌にもあるように、執念や情念があるように思えますが、

長所とすると情と懐の深さについては12星座で一番なので奥さんにするとすごい良い人になる傾向が。

愛について感じたものに対してしっかりと受け止めていき変化していくイメージです。

人に限らないで一途な愛を貫きます。洞察力に対しても12星座でダントツです。

人には話しませんが底のない何かを持っています。愛も思考についてもすべて深いものを持っています。

 

いて座

大アルカナカード;節制

小アルカナカード

11/23-12/2:ワンドの8(水星)

12/3-/12/11:ワンドの9(月)

12/12-/12/21:ワンドの10(土星)

守護惑星 木星 拡大とか幸運を持っている。

あらゆるものを多角的に考えている旅人と言える人。旅に表すのは旅行に問わず、勉強も、遊びも含めて哲学とか心理学とか精神的にも及びます。12星座で一番おおらかなものを持っていますが、裏を返すと12星座で一番適当にやり過ごしてしまうことも。

いて座は子供の心が大人になったような人が多いです。
子どものようにあらゆることに対して本気を出して今あることに取り組んでいきます。

少年の心を持っているのにも関わらず悟ったようにふとでる真理が周りを納得させていきます。

 

やぎ座

大アルカナカード:悪魔

守護惑星:土星 制限とか試練を示します。

小アルカナカード

12/22-12/31:ペンタクルの2(木星)

1/1-1/10:ペンタクルの3(火星)

1/11-1/20:ペンタクルの4(太陽)

現実を直視しており、若かろうと年を取っていようとまじめなイメージ。自分自身に対して結構な負荷をかけていきますが、自分自身に対する課題についてコツコツと壁を突破していくので最終的には成功していくタイプ。

目的に向けて着々と進んでいきます。活動宮になりますので、自分が所属している環境でできることを常々動いていくところがあります。

きっちりしているので周囲をまとめていく能力についても持っています。

 

みずがめ座

大アルカナカード;星

守護惑星:天王星 革新を示します。

小アルカナカード:

1/21-1/29:ソードの5(金星)

1/30-2/8:ソードの6(水星)

2/9-2/18:ソードの7(月)

さっぱりとしたさわやかさをもっています。

コミュニケーション力が高いですが、意外と一人でいたりします。ですが、ぴったりと合うと思っている友達とは大いに盛り上がります。
発想力が達観しており変わりものという言葉はある意味誉め言葉になります。

ニッチなジャンルでの第一人者となれる人が多いよう。

みずがめ座の特性ですが、機械系とか最近でいくとネットとか伝達系について高い能力が発揮されます。

 

うお座

大アルカナカード:月

守護惑星:海王星 空想や奉仕について示します。

小アルカナカード:

2/19-2/28:カップの8(土星)

3/1-3/10:カップの9(木星)

3/11-3/20:カップの10(火星)

甘え上手で相手に上手く尽くすこともできます。周囲から愛されていくキャラでもあります。自分の好きな人であれば相手の色に染待っていくことに対しても好むところがあります。そんな中でも自分の心が繊細だと思う気持ちも持っています。自分に対して上手く守りをもつということも長けています。

相手の欲しいものを上手く渡したりだとか、感性の高い人が多い。

数字の面について(詳しくはソウルナンバー、数秘術で書きたいと思います)調べていくとタロットカードとか占星術とのつながりがまたわかると感じます。

スポンサードリンク

この記事を書いた人

kagekichi3
kagekichi3
会話のネタになる占いの話を書いております。
占いは自分の悩みを解決するものと言う考えを主にするのではなく、一種のコミュニケーションツールとして活用できたら面白いなと考えています^^
ゆるゆるとお楽しみいただけたら嬉しいです。